2005年03月03日

結局デュランダル議長は

ステラやルナマリア・メイリン ホーク姉妹とは
別の意味で、大人気のデュランダル議長。

話題性という意味では
ガンダム SEED DESTINYでは
NO.1かもしれません。出番は結構少ないですが^^;
(私の独断です)m(_ _)m

さて、このデュランダル議長は
「いい人」なのか「腹黒」なのか
という話題を、ここでも、よくします。

「いい人」or「悪い人」という区分けは
難しいですよね。

例えば、ガンダムWの場合
トレーズ・クシュリナーダとゼクス・マーキスが
(前記事置鮎龍太郎さんネタ強引に引っ張ったぜ!)
戦争の悲しさを見せつけることで
人間が、2度と戦争などしたくないと
思わせる必要がある、との考えから
人類最後の戦争をする

みたいなところがありました。
あれはどうなのか。微妙なところです。

デュランダル議長に関して
表立っての行動としては

ユニウスセブン落下後の地球を援助し
地球連合からの理不尽な売られた戦争にも
防衛中心に戦い和平に向けて動いている
穏健派的イメージです。

以前にも書きましたが
問題はラクス襲撃を指示したのは誰か?
ということでしょう。

普通に考えれば
ミーア・キャンベルと言う偽ラクスを
使い、プラントの意志を自分の
都合のよい方向へ持っていっている
デュランダル議長が指示したと考えるのが
普通ですよね。

もう一つはユニウスセブン落下をやった
輩に本当に関わっていなかったのか?
ということです。実はモビルスーツやら
機械やらを裏で供与させていたとか。

なんと言っても、議長を演じる声優さんが
池田秀一さんですから。
やはりガンダムで池田秀一さんが演じられると
どうしても、そういうキャラだと思いますよね^^;

でも、最近のアニメを見ていると
話がそっち方向へ持っていこう、いこう
とすれば、するほど、つい
「大どんでん返し」があるんじゃ
ないかと思いませんか。
私は思います。

(言いきっちゃっていいのか)Σ( ̄□ ̄;)

ということで大どんでん返しを期待して
私はデュランダル議長は「いい人派」を
続けます。

多分、ラクス襲撃は別の人が指示したんですよ。

ユニウスセブン落下集団にも関わっていないんですよ。

あと、やはり、議長の謎は
最初から取りざたされている
ネオとレイの関係でしょう。
ネオが「あの人」だったとして
レイとの戦いの中で、ニュータイプバリの
レイとの光の飛び方はなに?

議長が遺伝子研究のエキスパートである
ことから、クローンとか同じ遺伝子を
持つものということなのでしょうか。

更にレイのデュランダル議長を
愛する、あの異常なまでの行動

謎多き男、デュランダル
これからも楽しみです^^


人気blogランキング!
ランキング、急降下中・・・
しょうがないよな
_| ̄|○



元祖ブログランキング!
こちらも、ポイント激減中・・・
連動するのね・・(;´Д`)


posted by アスラン・ズラ at 17:48| Comment(6) | TrackBack(1) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。