2005年11月23日

強ければ何をしてもいいのか(相撲編)

以前いただいたコメントで
シン アスカ役: 鈴村健一さん
キラ ヤマト役: 保志総一朗さん
アスラン ザラ役:石田彰さん

お三方が
「同じ性能の機体(ザクだっけ)に乗って戦った場合
誰が一強いのか」

という話題の話をされたと聞きました。
その結果は、ともかくとして
先日いただだいたコメントに、相撲ネタがありました。

(ちょうど相撲ネタ書こうと思っていたので
なんともタイムリーなネタでした)

このコメントに対する、私の言葉にも書いたのですが
正直今の相撲はTVでも、私は全く見ていません。

簡単にいうと
「相撲が強ければ、何をしてもいいのか!」
と思うからです。
今相撲界の頂点に立つ人の、今までの素行や態度を
見ていれば、どんな人かは想像つきますよね。

私に言わせれば、ただの自己中の強い輩にしか
見えません。
言い換えれば、現代のお子チャマたちといっしょ。
そんな人間が相撲が強いというだけで
社会人として非常識な行動をとる人間を
頂点とするスポーツを誰が応援しますか。

私は絶対しません。
勘違いしてもらっては困るのは「外国人」だから
という理由ではないということです。
私はそれは全く気にしていません。

もっと言うと、私はあまり相撲は好きではなかったですが
北の海や千代の富士全盛の時代は
かなり相撲を見ていました。
千代の富士のマエミツとっての
寄り切りや上手投げは芸術でした。
父親は「早すぎてつまらん」と言ってましたが・・・┐(´〜`;)┌

そんな中、唯一それができなかった相手が
小錦で、必ず立ち合い、千代の富士が吹っ飛ばされるのが
楽しみで見てました。

若貴兄弟?
興味があまりなかったですね。
やはり、貴乃花本人も語っていた
あれを感じていたせいでしょうか。

そうは言っても日本の国技です。
ぜひ応援しましょう。
(私は見ませんがね)┐(´〜`;)┌

人気blogランキング!面白いブログみるならここ
なんか微妙な位置にまだいますね^^;

 
posted by アスラン・ズラ at 00:25| Comment(12) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。