2005年12月06日

シャーマンキングとガンダムSEED DESTINY

ちょっと前にアニマックスで放送されていた
アニメ「シャーマンキング」

録画したまま見ていなかった回を
ふとしたきっかけでみたのですが
レイザ バレル役(関俊彦さん)と
キラの母親:カリダ ヤマト役(井上喜久子さん)

が恋人(婚約者!?)役をされていたのを
見ました。しかもアラビアの人って・・・・(−−;

詳しいことは全く知りませんが、この
シャーマンキングというアニメはかなり前の
アニメらしいですね。

重さがないのが見ていて楽ですね^^

しかしここにでてくるアンナ役:林原 めぐみさん

まさに最強のキャラですね^^;
鬼2匹連れてるしΣ( ̄□ ̄;)

人気blogランキング!
面白いブログ見るならここ
ゴールンデンスロットを観ながら・・・

posted by アスラン・ズラ at 00:28| Comment(4) | TrackBack(1) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
お久しぶりです。
シャーマンキングは、面白いですよね。
アンナは、すんげー恐くて恐ろしいキャラです。
主人公におもいっきりビンタ食らわしたり、宿敵のハオにまでビンタしたり、性格的にも霊力的にも本当に恐ろしいキャラです。
とにかくシャーマンキングは面白いです。
Posted by RX−78−2 at 2005年12月06日 21:14
どぉも最近コメントが短くなってる草野ですべつに手抜きはしてません暇が無いんです。
もっとも、その時間も殆どネットゲーに費やしてる時点でアレですがね。


シャーマンキングは原作の後半が死んだり生き返ったり死んだり生き返ったりの繰り返しで、死に対する考えがあんまりだったのを覚えてます。
もっともアニメ版は当時そこまで行ってなかったのでそういう表現はありませんが。
アニメも後半は大分拡大解釈が酷くなってましたが、その中でも「でかくなったら圧縮して堅くしよう」という考えは普通に「ほぉ」と唸りましたね。が、本編ではその能力もろくに使われないまま終りましたが。

めぐ姉はホントこういう性格的に怖い人がうまいですねぇ。初期の頃ははっちゃけキャラをやってたのに、エヴァの綾波辺りからこういう落ち着いたキャラが多いですね。まぁ、歳のs(抹消

個人的には(勢力とか無視してデザインだけで言えば)Xロゥズの擬似ロボ集団に惚れてます。なんというか、FSSぽい装甲が良い。扱いはぞんざいだけどね。

それと前回のタバコがでるアニメですが、ガンダムはありませんが「神無月の巫女」という百合系ロボアニメででてます。
吸ってるのはメカ戦担当の脇役男(立場的にシンに似てる)の兄貴が普通に吸ってます。
百合系なんであんまお勧めしませんが、確認がてらに見てはどうでしょ?

ちなみに「百合」とは要はレズです。えぇ、キラとアスランを女と見立てていちゃついてるのを想像してくれれば一番想像しやすかろうと。
Posted by 草野かをる at 2005年12月06日 22:31
>RX−78−2 さま

コメントありがとうございます。
主人公には、ビンタは(w
ですが、ハオにまでとは^^;

実際、実力もありますしねΣ( ̄□ ̄;)
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年12月07日 00:37
>草野かをる さま

コメントありがとうございます。
「神無月の巫女」については前から私もちょっと
興味あって、みたいなあ、と思っていました。

実は私が林原めぐみさんを知ったのは
エヴァがはじめだったんで、一番印象がつよいんですよね
^^;
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年12月07日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

シャーマンキング
Excerpt: シャーマンキング『シャーマンキング』は、武井宏之による漫画、およびそれを原作にしたテレビアニメ。1998年31号から2004年40号まで週刊少年ジャンプに連載。全3..
Weblog: さおりのブログ
Tracked: 2007-08-06 04:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。