2004年12月14日

バルトフェルドとトレーズ

題目を聞いて、皆様お解かりだと思いますが
「サバクの虎」言アンドリュー・バルトフェルドと
(ラムズフェルドではないです)・・・(面白くないな)Orz
トレーズ・クシュリナーダ(Wガンダム)は
置鮎龍太郎さんが演じておられます。


なぜ、突然置鮎さんを題名にしたのかって?

それはガンダムWも紹介するって書いてあるのに
今までほとんどガンダムWには触れていなかったからです(^^;

(どんな理由だよ・・・)Orz


ちなみに、最初はWガンダムのことを、「ダブルガンダム」と呼んでました。
(なぜこんな私がガンダムのブログを書いているのだろうか)

_| ̄|○



・・・・・・・・・・・・
それはともかく、置鮎さんの声ってかっこいいですよね。
でも、『機動戦艦ナデシコ』でのアカツキ・ナガレのように
(特に劇場版は)おバカ系!?もやったりして、幅広いですね。


なんでもありで、シードからディスティニーでも大活躍されている
方といえば、やはり子安武人さんでしょう。
(なんたって、ボーボボですから)

この二人のガンダムWでの語りは、哲学的で(要はよくわからないけど)
私は好きです。
しかし置鮎さんって、あのトレーズのわけわからん言い回しを
よくやっておられますよね。

以前ラジ種の中で、シードのナレーターをされていた
(ディスティニーでもされていますよね)
三石琴乃さんが「ガンダムの言い回しは難しい」
と言っておられました。


実は三石琴乃さんのファンでもあります。

ただ、ラジ種の中で(その他でもされてる?)街中のおばちゃんが笑うような
「ぎゃははははは♪」

あの笑いは勘弁してください。あまりにもイメージが壊れます。

_| ̄|○





人気blogランキング!



こっちは元祖!(新しいけどね・・・)

元祖ブログランキング!
posted by アスラン・ズラ at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | Wガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1289139

この記事へのトラックバック

怪獣日誌激闘編 
Excerpt: 昨日のチャットでこんな会話が・・・ 日子:「ねえ、頼まれて買ったガンダムもUPしようと思うんだけど、あなたの為に買ったも   んだし、開けずにそのまま写真とればいいよねぇ」    彼氏:「え?ブログ..
Weblog: 日子のさらさら日記
Tracked: 2005-05-29 02:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。