2005年02月14日

蒼穹のファフナー見ました

今回はガンダムSEED DESTINYと
全く関係ありません。
(お許しを)m(_ _)m

私の地元では「蒼穹のファフナー」放送して
いませんでした、よって見れなかったのですが
ある知人のはからいで見る事ができました。
(ほぼ、ぶッ続けで全部見てました)


ファンの方には申し訳ないのですが
まず、声優さんでパッとわかったのが
皆城総士役:喜安浩平さんでした。
(と言っても声では、気付かずEDでの
名前見て初めて気がついた、という感じです)

声優ネタ書きます、と言いながら、この程度とは・・・

_| ̄|○


喜安浩平さんと言えば、私は、はじめの一歩の
幕之内一歩役のイメージが強かったです。

が、ファフナーでイメージががらりと変わりました。
(なんとも単純な私・・・)┐(´〜`;)┌

それと、やはり、ガンダムSEEDで
初めてのコーディネーター:ジョージ・グレン役をされ
DESTINYではブルーコスモスの盟主:ロード・ジブリール役を
されている、堀秀行さんが日野道生役として
出ておられたのが印象的でした。

蒼穹のファフナーを見ていて
自分の思考について、考えたのですが
こういう刹那的というか
世紀末的というか、世界末期的なアニメに
でっかいロボットがでてくると
どうしてもエヴァと比べてしまう
自分に気が付きました。

これは今のガンダム シード ディスティニーにも
言えるのですが、私は過去自分が見たガンダムと常に
比較して見ているんですよね。

「5機のガンダム」と言えば Wガンダムと比較し
セイバーの変形シーンを見ては
Zガンダムの変形シーンと比較し
という具合に。

こういう「基準になるアニメ」って
なんでそうなるんでしょうね。
初めて見る設定・背景のアニメだからで
しょうか。



人気blogランキング!
人気ブログ探すならここ!
ちなみにうちはポイント落ちまくり・・・Orz


元祖ブログランキング!
こちらも面白いブログがいっぱい!
posted by アスラン・ズラ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1942275

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。