2005年03月18日

ネオの正体と仮面の歴史 (妄想)

今回のラジ種デスでも話がありましたが
ネオはなぜ仮面をつくているのか?

という話が声優さんの中でも、あったそうです。
(ちょっとニュアンス違うかもしれませんが)

それに対し、ネオ役:子安武人さんが

「怪我の傷により、顔がパンパンに膨らんでいる。
 だから強い衝撃を受けると弾けとんじゃう。
 ネオと話す時はやさしくしてね♪」

と言われたそうで。 弾けるというはおおげさでしょうが傷の話は 本当のような気がします。
ネオがムウであるのなら・・・・

ネオというともう一つの謎
レイとの関係
やはり、レイもムウの父、アルダ・フラガ(だっけ?)の
クローンでテロメアの数も歳相応になった
つまり成功した、唯一の人間という感じなのでしょうか。

言い換えればラウル・クルーゼの成功バージョンかな。
声優さんもクルーゼと同じ関俊彦さんだし。

そして、それを成功させたのがデュランダル議長であると。

ムウには、空間認識がの人より、ずば抜けて高い
とか(すいません、詳しく知らないんです)^^;
能力があるそうなので、その辺が関係しているのかも
しれませんね。


ガンダムの仮面の歴史でいうと
(私が見たシリーズだけです)Σ( ̄□ ̄;)
ファーストでは、シャア・アズンブル

ガンダムWでは、ゼクス・マーキス

SEEDでは、ラウル・クルーゼ

DESTINYでは、ネオ・ロア・ノーク

DESTINYを除くと、ある意味ラスボスというか
キーマンというか、そんな感じのキャラばかりですね。

今回もそんな感じになるんでしょうか。
でも、そうすると必然的にマリューとの関係が
クローズアップされるため、DESTINYの新キャラたちが
目立たなくなっちゃうんですよね_| ̄|○

そこの折り合いをどうつけるのか
スタッフの方々の腕を楽しみにしています。

人気blogランキング!
このブログ急下降中・・・Orz


元祖ブログランキング!

ここも落ちちゃった・・・(;´Д`)


posted by アスラン・ズラ at 19:44| Comment(0) | TrackBack(1) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2478362

この記事へのトラックバック

JRAレース結果:2005年2回中山7日(3月19日)11R 第19回 時事通信杯フラワーカップ(GIII)
Excerpt: JRAのレース結果を投稿しています
Weblog: keiba
Tracked: 2005-03-20 00:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。