2005年05月31日

デストロイのリフレクター

今回はちょっとまじめに、デストロイ ガンダムの
リフレクター機能について考えてみました。

専門家の山猫さまからのコメントでも
ありましたが、現実的には、私も想像もつきません、ので
今回は「なぜそうなるのか」というより
デストロイでどのようにはたらいているのかを
考えてみました。

(わざわざコメントまでくれた方を利用し
我ながら、ごまかしかよ・・・)┐(´〜`;)┌

まず、フリーダムのレインボーアタックをはじめ
アークエンジェルのゴットフリートなど、ほとんどの
ビーム系攻撃を弾いています。

更に、ミサイル攻撃もモノともしていません。
このミサイル攻撃と言う、物理的攻撃(と言っていいのか)も
リフレクターで弾いているのか、装甲に届いているのかは
よくわかりませんでしたが、きっと弾いているのでしょう。
(きめつけていいのか・・・)

しかし、最初のインパルスのビームライフルの攻撃は
装甲に届いています。
そして、その後のインパルスのビームサーベル攻撃により
大きなダメージを受けました。

じゃあ、ビームサーベルなら、なんでも効くのかというと
インパルスがフリーダムを攻撃する直前のフリーダムの
ビームサーベルを弾いています。

あれがビームサーベルを弾いたのか、フリーダムの
機体ごと弾いたのかは、スローで見ても
私には、よくわかりませんでした。

(フリーダムがビームサーベルを振り切っているようにも
見えるんですが・・・)

ということは、基本的にはりフレクターを展開しており
何かの時(デストロイが攻撃する時とか)に自動で
解除するってことなんでしょうか。

特にステラがスイッチを入れたり、切ったりという
感じは見えなかったんで。

インパルスのサーベル攻撃も、トドメを指した
フリーダムのサーベル攻撃も、ちょうどデストロイの
ビーム攻撃の直前・直後なので、その時は
解除されるということなんでしょう。

問題は、最初のインパルスのビーム攻撃
まともにダメージを与えているビーム攻撃は
あれ一発とフリーダムの腰ビームの追加攻撃
だけですよね。

もしかして、インパルスの攻撃は後方からですか?
(ステラ振り向いてるし)
後ろにはりフレクターは展開していない
ということなんでしょうか。

正直、デストロイでかすぎて
あの画からインパルスがどっからどこへ
打ったのか、わかりませんでした・・・。

(じゃあ、こんな記事書くなよ!と突っ込まれそうですね)
・・・_| ̄|○

最後に、ステラファンには怒られそうですが
デストロイにトドメをさす時の
フリーダムのビームサーベル二連発
何度見ても、かっこいいですよね

デスティニーガンダムにフリーダムが
同じような事をやられるような
気もしなくもなく・・・

人気blogランキング!面白いブログ見るならこちら
ガンダムシード デスティニー放送日は
ツバサクロニクルやエウレカセブンなど
人気ア二メがたて続けにあるので
熱心なブログさまの記事が早くて、ガンダムSEED DESTINYの
記事を見逃したりしてます・・・_| ̄|○


元祖ブログランキング!こちらもなかなか
ですが、夜は重いです・・・(;´Д`)


posted by アスラン・ズラ at 01:11| Comment(15) | TrackBack(1) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おやおや、私の偏執狂的文章にコメントいただきましてありがとうございます。
 ついでに解説を加えますと、皆様おっしゃるとおり、いわゆる「バリア」(SF作品により、シールドとか、フィールドとか。今回は「陽電子リフレクター」)は、物理学的に見れば、「片面透過性」はありえません。ありうるのは、特別にそのフィールドと同じ性質に同調させた破壊ビームだけですが、防御の性質と破壊の性質を併せ持つというのは想像しがたいので、多分無理です。
 種デスだけを見ても、ザムザザーもゲルズゲーも、守備時に攻撃していません。また、攻撃を受けたときは、リフレクターを展開していません。だから、皆さんの説で間違いないでしょう。
 ただしです。話が飛びますが、旧日本帝国海軍戦闘機「ゼロ戦」の機首7.7mm機銃ですが、機首のプロペラの内側にありました。まともに発射すれば、自分のプロペラを打ち抜いてしまいます。どうしたかというと、発射速度と、プロペラの回転速度の同調装置をつけて、プロペラの回転の隙間を縫って射撃していたのです。
 これは、第一次世界大戦中に現実に起きていた事故で、その当時から対策が研究され、実施されていました。だから、「デストロイ」ともあろうものが、ビーム砲発射のコンマ数秒だけリフレクターを切るという技術は可能だと思います。
 また、ザムザザーのリフレクター展開の様子を見ると、このフィールドは球形ではなく、面をつなぎ合わせた形です。ならば、発射するビームの部分だけ、瞬間的にリフレクターを切ることが考えられます。考えてなかったら、デストロイの設計者はアホですな。だから2週で落ちたんです。
 あと余談。たとえリフレクターでも総エネルギー量の勝負です。デストロイはいいですが、ザムザザーやゲルズゲーサイズのMAが、戦艦サイズのミネルバの陽電子砲(タンホイザー)をはじくのは、エネルギー量的に不可能でしょう。たとえ逸らしても、物理的衝撃で吹っ飛ばされます。
 さらに余談。フリーダムの腰のビーム砲は、荷電粒子砲だったと思います。これは、通常の電子や陽子に、相反する電荷で反発させて発射するビーム砲というよりは、原子レベルの散弾銃のような兵器です(現在、技術的には可能です。問題はありますが)。
 発射するのは、電子とした場合は、負(陰)の電荷を帯びています。もしそうなら、陽電子リフレクターでははじくことはできません。逆に吸い込んでしまいます。はじくことができるのは反陽子ですが、反陽子を発射するのは、タンホイザー規模のシステムでも難しいかと。
 ついでに付け加えると、宇宙空間で使うビーム砲で将来も優れているのはレーザーでしょう。
 またまた雑駁に申し訳ありませんでした。
Posted by 山猫 at 2005年05月31日 06:51
こんにちは
陽電子リフレクターは双方向性バリアですが全周囲ではありません
したがって不意打ちのインパルスのビームライフルは直撃しても仕方の無い事です
それに常時展開タイプではないのでは?
その証拠にリフレクターではなく装甲で弾いてるのでは?と思われるシーンもありましたよ
それと山猫さんフリーダムの腰の武装は荷電粒子砲ではありません アークエンジェルのヴァリアントと同じレールガンです
それとついでですがアルテミスの傘は全周囲バリアで両方向のバリア(展開中は攻撃できない)のですが吉良・大和さんがしてきしたユーラシア連邦が開発したハイペリオンのアルミューレ・リュミエールは全周囲バリアでありながら展開中も内側から攻撃できる優秀な防御兵装です
その上ハイペリオンは通常のビームライフルは機体本体からエネルギーを使う為撃ちすぎると機体本体のバッテリー消耗原因になりますがザクウォーリアと同じくライフルにエネルギー貯蓄しているをカートリッジを持ち本体のバッテリー消耗させないシステムのはしりですよ
Posted by ゆう at 2005年05月31日 12:53
 ゆうさんどうも〜。
 アストレイサイドの話ですね〜。
 アルテミスの傘については、光学的全周囲バリアとしか書かれていないので、原理や特性が推測できません。だからなんとも言えません。
 憶測すると、ものすごく大きなエネルギー源があれば、全方位に、超強力な光エネルギーを投射している可能性がありますが、それって、天文学的なエネルギーが必要です。いわば、赤外線のコタツは熱いですよね?あれを、全方向に、物を破壊するレベルでやっているわけです。
 でも、これでは、ビーム兵器には、干渉・拡散させる可能性はありますが、あまり有効ではないです。物理的攻撃には有効ですが。
 アルミューレ・リュミエールは、憶測も効きません。ども。
 まぁ、別に私はけちをつけているんじゃないんですよ。筋金入りのSF好きですから、「擬似科学」や「トンでも兵器」なんかも許容します。
 ただ、まじめに考えてみるのもいいかなっと思って、解説しています。
 私は、あくまでも、今の科学技術、そして当面想定される技術を論じています。
 未来はもっとすごいかもしれない。
 その夢が、世界を広げていくんです。
Posted by 山猫 at 2005年05月31日 13:32
>山猫さま

コメントありがとうございます。
>「偏執狂的」とは何をおっしゃいますやら
^^;

ゼロ戦の機銃のシステムは知りませんでした。
ガンダムWでは、レーザーとビーム砲の使い分けみたいのなのがあったのを思いました。

まさかこんな、更に専門的なコメントいただけとは思っていなかったので、とてもうれしいです
^^
ただ・・・私には理解できないことが多くて
・・・_| ̄|○
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年05月31日 20:19
>ゆう さま

コメントありがとうございます。
やはり、全周囲では、ないのですね。
お教えいただきありがとうございます。

あまりガンダムに関係ないですが、カートリッジタイプの文章のところですが、かなり私の会社に関わる話なんで、おおおお!なんておもっちゃいました^^;
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年05月31日 20:25
 白状しますが、実は、私は「エネルギーの専門家」ではありません。確かにエネルギー関係の会社に勤めていますが、専門は法律です。ただ、昔は、物理学者を目指していて、高等数学でつまづいて、泣く泣く法律に進んだもので、その後も、未練たらたらで、物理学の入門書などを読み漁っているのです。あと、無茶苦茶なSF好きです。日本で刊行された、海外SFの20%は読んでいるんではないでしょうか?さらに、極めつけは、実は「神話ヲタ」です。だから、SEEDにたくさん出てくる、神話関係の単語はほとんどわかります。ミネルバの兵装の、トリスタン、イゾルデ、パルチバールなんかも、実はケルト神話ネタなんですねぇ。ローマ神話の神ミネルバに何で、ケルト神話の兵装が着いているのか?
 そういうと、「アルテミスの傘」っていうのも少し変なんですよ。アルテミスは、月の女神ダイアナと同じですが、処女神と呼ばれ、ほとんど裸で、森の中で暮らしています。どちらかというと、ミネルバのギリシャ版である、「アテナ」の方が、「アイギス」(英語読み、イージス)という、ゼウスの盾を持つことになっていて、バリアの名前としては、「アテネの盾」のほうが、神話上しっくり来るんですがね。
 あぁぁぁ、また、ヲタ話をしてしまった。
 あと、前記の「光学的全周囲バリア」の欠点に気がつきました。上記の私の原理だと、展開している、要塞自体が、放熱できずに、高エネルギーの中で、自己崩壊するでしょう。まだ、「陽電子リフレクター」のほうが理屈が着けやすいや。
Posted by 山猫 at 2005年05月31日 20:48
>山猫さま

なるほど、お詳しいわけですね。
しかも、どちらかというと、神話系からも、ガンダムSEED DESTINYについて、色々突っこめそうで、こんなブログを書いている端くれとして、とてもうらやましいです^^


しかし、SEEDの名前って神話にたくささんでてくるのですね。はじめて知りました^^;
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年05月31日 21:11
 調子こいて、ガンダムとは全く関係ない、話をします。古い話ですが、それでも、「君たちに最新情報を公開しよう!」(懐)
 荷電粒子砲は、現在でも技術的に可能です。レーガン大統領の「スターウォーズ計画」に組み込まれていましたし、それ以前に、旧ソビエトで既に実戦配備されていたという、衛星写真もあります。威力はすさまじいものがあります。イメージ的には、「タンホイザー」くらいでしょうか?
 しかし、設備はきわめて大掛かりで、とんでもないものです。
 まず、砲身は、地面に埋め込まれた煙突のようなもので、砲口付近に、照準変更用の磁気リングがあります。
 煙突は地下で、大型の粒子加速器につながっていますが、この加速器は、茨城のつくばにある「トリスタン」とは、似ても似つかぬ形をしているはずです。ここら辺軍事機密。私も知らない。
 そして、エネルギー源ですが、1発射つごとに、原爆を1発爆発させます。閉鎖空間で、強力な磁場を展開した中で、原爆を爆発させると、磁場が強烈にゆがみます。すると、磁力が電気に変わります。普通の火薬でもできます。これを「爆発発電機」と呼びます。この瞬間的に強力な電力を、先の加速器に注入し、一気に粒子を加速し、煙突から発射します。
 ということで、設備にとても手間とお金がかかるであろう以外は、今の技術で可能です。
 中止になった理由として、やはり、金がかかりすぎることと、大げさすぎることICBM(大陸間弾道弾)1発を落とすたびに、原爆を爆発させることのばかばかしさ、そして、荷電粒子の流れは、地球の磁場の影響を受け、直進できず予想外に曲がるだろうという意見が出たためです。
 そのうち、フリーダムの主兵装、プラズマキャノンと、レールガンにも解説します。
Posted by 山猫 at 2005年06月01日 11:11
や、や、 山猫さんすごすぎ
けど確かにICBM1発落とすたびに原爆1発とは、、、それでは爆発する場所が違うだけであんまり意味無いですね、、、、(泣)
その上曲がって外れたらさらにまぬけかも
山猫さん
うちのブログでもコメントしてちょ
URLはhttp://spaces.msn.com/members/mobilesuitgundamseed/ です
Posted by ゆう at 2005年06月01日 20:41
>山猫さま

タンホイザーもどきが現実に存在したとは驚きです!
しかし・・・一発打つのに原爆1発使うとは・・・・。


それ以前に(これ書くとあまりに素人さがばれてまずいかも・・・)
フリーダムのビームって一種類じゃないんですね。
私はでるところ違うだけで、全部いっしょだと思ってました。まじでこんな私が
「ガンダムSEEDディスティニーを語る」なんて大それた名前のブログ書いていいのか^^;
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月01日 22:40
>ゆう さま

記事拝見させていただきました。
私はSEED DESTINY見てて
なんでこんなに装甲違うの???
なんて思ってたんですが、少し謎が解けました
^^
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月01日 22:43
ごんばんわん
神話物でちょっと気になることがありましたので少し
このまえ議長とクルーゼ(亡霊?)の語りがありましたよね?
たしかサブタイトルは「FATES]
これを調べてみたら「宿命」という意味だったんですよね
そして「FATES」の考察みたいなところに
3人の女神がいてその一人がラケシスって名前だったんですよ
自分の考え過ぎかこじつけかも知れませんが^^
なにか分かることがありましたらぜひとも
それにしても現代化学というものはすごいですねぇ^^;
第3次世界大戦がもしおこったら地球つぶれそ(汗)
科学や力の暴走は絶対やめてほしいですね
なんかクルーゼの言ってたことがなんらかの形で
現実になりそうですね
この調子じゃ・・・
Posted by 吉良・大和 at 2005年06月01日 23:00
>吉良・大和 さま

コメントありがとうございます。
よく、今何万個の核ミサイルがあるから
人類を○万回、滅亡させられる量だとか
言いますよね。

一つ間違えれば、そういう自体がすぐに起きる時代、それが現代なんでしょうね(TT
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月02日 00:35
科学的、神話的なコメントが読めて面白かったです。私は宇宙戦艦ヤマトから始まりファースト、ZとSF関係好きだったので、仕事も宇宙関係の仕事についてます。で、周りを見るとガンダムを作りたかった(ガンプラではなく)と言う方が多く、SEEDも隠れファンが結構いたりします。
職場でも実際に、アポジモータやスラスターについて話をするときがあるのですが、ガンダムで出てきた用語って実際に使われている技術だったりするんですよね。
Posted by kontha at 2005年06月02日 02:06
 まず神話ネタ突っ込み。
 吉良さま。「ラケシス」で、何に反応しましたか?ひょっとすると、サンライズで、メカニックデザインを担当している、永野護氏の、長編漫画「ファイブスター・ストーリーズ」の「ラキシス」を思われたのでしょうか?
 当たりです。あの作品では、少しもじってありますが、他の姉妹、「アトロポス」、「クローソー」も同じです。神話では、「クロト」ですがね。「ラケシス」は運命を糸へとよる神です。
 ちなみに、ずっと前に他のブログでやったのですが、SEEDでの神話ネタ突っ込み大特集をやりましたが、ご希望が多ければここでもやります。
 あっと驚くようなものが、1つ、2つあります。国際情勢上、こんなのいいのか?と言うのもあります。
 次に、ガンダムの技術世界ですが、私としては、コズミックイラが西暦で何年に当たるかわからないですが、宇宙世紀の技術世界の方が良かったと思っています。前にけなしましたが、MSの動力源は、「ミューオン核融合」と言う、今は学説上の存在でしかないものにすれば良いと思います。また、一般に思われているより、反重力技術は実現が速いかもしれません。物理学的なブレイクスルーがまだ必要ですが。たとえ嘘でもそれらをねたにすれば、MSの動きに因縁つけられる(つけているのは私)こともないのですがね。
 それ以外の既存技術については、一応技術考証が入っていますから、昔のロボットものよりは良いでしょう。

 PS ゆうさん、今日にでもお邪魔しますわん。
Posted by 山猫 at 2005年06月02日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ガンダムSEED DESTINY情報板5月27日版
Excerpt: ここまでの判明分のまとめ 1.セカンドステージMSとアーモリーワン襲撃 ユニウス条約によりNジャマーキャンセラー、ミラージュコロイドステルスは禁止となる。 ザフト ザクの仕様変更と新機体の開発(グ..
Weblog: 新ちぇりーぶろぐ
Tracked: 2005-06-03 12:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。