2005年06月15日

詰め込み過ぎなんじゃ・・・(;´Д`)

今回は、キラが出てきてフリーダムの乗ったあたりから
私がずっと思っていることを書きます。
(なかなか書く機会がなくて)・・・"r(^_^;)

ぶっちゃけ、このガンダムシード デスティニーは
様々な人間関係を詰め込み過ぎなんじゃないかと・・・。

@主人公:シン・アスカとステラの関係に始まり

Aシンとアスラン、そしてレイの思惑

Bデュランダル議長とタリア艦長の仕事上の上下関係と
 今の男と女の人間模様・更に過去の経緯

Cネオとムウの関係(変な書き方ですがわかりますよね)^^;

Dマリューとネオの関係、だの

Eデュランダルとレイとクルーゼのつながり、だの

Fネオとレイの(ムウとクルーゼを彷彿させる)感じ方から来る
 遺伝子的つながりだの


Gマリューとバルトフェルドの関係、だの

Hアスランをめぐる(姉妹喧嘩を含めた)争奪戦だの

Iシンとキラの出会いと戦い・葛藤、だの

私がこれを書きながら、思いついただけでも
これだけ複雑な人間関係があるわけで。

それを週一回の30分放送
(OP・ED・CMを除けば実質20分強ってとこ!?)
に戦争を通して詰め込んじゃうわけですから
かなり厳しいのではないかと、思ったりしてます。

言い方を変えれば、それぞれの事に関心・興味を
もっているファンが、その回答が出るシーンを見た時に
一つ一つの物語が、どうしても薄くなるため
消化不良になるのではないかと思うのです。


若い頃(幼いかな)私が見ていた、Z・ZZガンダムにも
アムロ・レイをはじめ、ファーストガンダムに出てきた
キャラクターが出てきます。

ですが、それほど、それらのキャラの話を
盛り上げようとはしなかったわけで。

ZZではアムロは名前しか出てきませんでしたね。

おそらく、私が最近TVで見ているアニメは、この
ガンダムSEED DESTINYだけだから、そうおもうのでしょうね
・・・Σ( ̄□ ̄;)

人気blogランキング!面白いブログ見るならここ
前から感じていたことですが
ガンダムSEED DESTNINYを取り扱ったブログ様が
ここもどんどん増えて、読んでいてとても楽しいです^^


元祖ブログランキング!


posted by アスラン・ズラ at 22:33| Comment(22) | TrackBack(0) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 全くおっしゃるとおり。
 しかも、回想シーンや、使い回しや、総集編などで話は全然進まない。
 そして、製作中の人気や、プラモの売れ行きに応じて無理やり変えられる脚本。
 他では言いましたが、ここでははじめて言います。種デスは、ガンダム史上最悪の駄作としてアニメ史上に残るであろうと。(機動武闘伝は別ね)
Posted by 山猫 at 2005年06月15日 22:41
こんにちは^^

>Z・ZZガンダムにもアムロ・レイをはじめ、ファーストガンダムに出てきたキャラクターが出てきます。ですが、それほど、それらのキャラの話を盛り上げようとはしなかったわけで。

私も同感です。
特に前作のメインキャラがどんどん登場すると、存在感がありますから、新主人公の影は薄くなってしまいます。まして、新旧キャラについてそれぞれのエピソードや人間模様を描こうとすると、どうしても、消化不良になってしまうと思います。それが良いか悪いかは好みの分かれるところだと思いますが・・・
私は、物語全体を通して、アスランの出番が多いというか、アスランを中心に話が展開している場面が多い思っています。
私が個人的に感じていることなので、具体的に誰が何話、何時間出ているかという統計を取ったわけではないですが、そんな気がします。私はアスランが好きなので気にしませんが、人によってはいろいろ感じるかもしれませんね。

ぶっちゃけ、メイン主人公が3人いると思っています。提供の画面で、3人出てくるし・・・(なぜかセンターがキラですね)

私もこの話題については、自分のブログに書こうと思っていたのですが、先を越されてしまいました^^;
別なネタ考えねば・・・
Posted by こたつネコ at 2005年06月15日 23:18
>山猫 さま

コメントありがとうございます。
山猫さまのコメント読んでいて、思ったのですが
ガンダムって(うまく言えないのですが)製作者の方々がこういうのをつくりたい!というものを作って、それを見ているファンが評価する、みたいな感じがあったような気がします。
(ちょっと表現は違うかもしれませんが「質実剛健」というか)

今のガンダムはキャラ人気や経済的活動を中心に作品が作られているのかもしれませんね。
(事実は知りませんが)
だから私の書いたファーストからの歴代ガンダム主人公:ア・カ・ジの謎。なんて記事が書けたりしたのかも知れませんが^^;

バンダイの経営統合もあるということで、色々な思惑がからむのかなあ、なんて思いました

Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月15日 23:27
>こたつネコ  さま

コメントありがとうございます。
そう、おっしゃらず、是非同じ話題の記事を書いていただき
トラックバックいただけると心強いです。
(じつはこの記事、ちょっとまずいかな、なんて思いながら書いてたもんで)^^;


この記事で一度は書いて、消した文章があります。
それは、ガンダムシード デスティニーから
新たに出演された方々の出番が減り、気の毒に思う、という文章でした。

3人の画、私もあれは・・・普通主人公が中心ですよね(TT

Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月15日 23:40
全くもって山猫さまに同感です。
ガンダム史上最悪の駄作ですね。
(ただしGガンは話の好き嫌いはあるでしょうが、脚本は良かったです。ガンダムと名乗らなければならない宿命にあったことが本来の評価を下げる結果になったと思ってます)

あれだけの回想、総集編、使いまわしをやっておきながら、いざ本編になると遅々として話が進まない(だらだらやってて人間関係が進展しない)、そしてスポンサーやファンが望むMS戦を効果的に入れられない等、かつてのシリーズは比較的ストーリーにのめり込み易くキャラの行動に関して知人と議論を交わしましたが、デスティニーは制作者側に抗議したくなってしまうほどに話そのものがお粗末な内容になってます。
こんなことをいうとSEEDファンに怒りを買うことは重々承知していますが、私はこのままではあまりにもシン・アスカが可哀相だと言いたいのです。前作も放送中にキラに非難の声が有ったと思います。しかし何とか話をまとめて彼の人間としての成長を見ることが出来た(そもそもシンとは戦う意味が違っていましたが)。だからキラが種デスで次元の違う活躍をしても「キラとフリーダムだからしょうがないね」と見ている者に思わせることが出来たんだと思います。
しかし、シンはどう落とし前をつけるというのでしょうか?私の知る限りではシンは3度悪魔の形相を見せた。これを払拭できる活躍はいったいなんなのか?死んでお詫びなんてして欲しくはないです。
どんな終わり方をしても起承転結の承の部分(つまり2クールで、ここが遅々として進まなかったところ。うまく進められればアスラン・ズラさんが提起した多様な人間関係ももう少し何とかできたのではないかと思います)がすっぽり抜け落ちた感があるので駄作としか言いようが無いのです。

本当にSEEDを3部作にしたいのでしょうか?
かつてMBSはサンライズのバイファムをばっさり切った放送局でもあるんです。ガンダムブランドだからって甘く見ていると3部作は難しいです。
今の状況を見たってMBSは種デスからエウレカセブンに心変わりしているようですし・・・
Posted by クロート at 2005年06月16日 02:40
いつも種デスのTBでお世話になってます!

ここのコメントに書かれてる方々には本当に同感します。
確かにあまりにも人間関係が複雑過ぎなのと、総集編や回想シーンなどで時間を取られすぎてて
この番組の言いたい事が分からなくなってしまっているのが実感としてあります。
シン・アスカのポジションは今じゃ「悪役ヒーロー」的な所に立ってると思います。
これからどんな感じで話が進むのか分かりませんし、もしかしたら自分が起こした過ちなども気付くシーンを描くのかもしれませんが
あまりにも話の展開が余計な付加がある分、遅すぎる感が否めないんですよね。
せっかく、種デスの正式な主人公というポジションにいるはずなのに、準主人公または脇役に近い感じで登場時間がキラやアスランに比べて少なすぎるとさすがに批判せざるを得ませんね^^;

昔の宇宙世紀シリーズは、過去のキャラはしっかりと脇役としてなりを潜める感じなんですけど
制作サイドの意向なのか何なのかは分からないんですけど、どうしてもキラ至上主義になってますね。
視聴者の声に敏感に意識しすぎなような感じがします。
監督は「今までのガンダムシリーズにはエンターテイメント性が無かった。だから、このSEEDはエンターテイメントを含んだ感じにしたい。」
と言ってたみたいなんですけど、逆にエンターテイメント性に意識しすぎて、本来番組として訴えたい部分が見えなくなってる様な気がします。
(例えば、『戦争と平和』についてのSEEDシリーズなりの考えとか…)

あと、SEEDシリーズはどうやらディスティニーで終わりになるという噂を聞きました。
どうやらSEED関係の玩具(ガンプラなど)の売れ行きが思ったより伸びなかったので、バンダイが手を打ったとの事みたいですよ。
Posted by ハルマキ at 2005年06月16日 04:11
どうも初めまして〜〜。
いつも楽しく読ませていただいております。

皆さん結構キツイこと書かれていて楽しくなっちゃいますね(笑)
私としては、メインキャラ間での関わりが上手く描けていれば他はどうでもいいと思うので、それほど詰め込みすぎだとは思ってないです。
ただ、そのメインキャラの関係すら描けてないので駄目なんでしょう。
メインキャラというのは、シン、アスラン、レイ、ルナマリアって感じですか(キラは脇役)
この四人の中での会話をもっと描き、感情表現、内面描写等が出ていれば面白いと思うんですよ。
ハッキリ言って、内面が分かるのってアスランくらいしかいませんし。
まあ、ルナマリアはアスランに対する関わりが多いのである程度は分かりますけど、彼女のシンやレイに対する思いってのは分からないですからねぇ。
この間の発進前に行なわれたシンとレイの即席友情(それまでそういった描写が無いのでそう感じる)を見て呆気にとられている表情の裏でどう思っていたのか。
そこら辺の思い、感情、会話の描き足り無さが、人間関係の薄さを感じさせちゃう原因なんではないでしょうか。

この作品って、結局視点がアスランなんですよね。
何か悩んだり考えたりしてるのってアスランばかりで、本来その役割をすべき「主人公」のシンのそういったシーンが全くない・・・
これでシンを中心にしたお話にしようとしても難しいと思います。
Posted by シバッチ at 2005年06月16日 11:14
>クロートさま

コメントありがとうございます。
バイファムはMBSでしたね。
私の地元では、金曜日の19時からという時間帯でドラえもんと同じ時間とは・・・と思ったのを覚えています。

私はバイファムけっこう好きで、最終回に心がジンときた、数少ないアニメでした。
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月16日 21:00
>ハルマキ さま

コメントありがとうございます。
SEEDシリーズ、これで終わりですか。
まあ、同じ世界の話が2つTV通常放送として続いたのは、ファースト・Z以来(でしたっけ)
だと思うので、そうなれば、それはそれでよかったのかなあ
なんて思ったりします。
実は私・・・・ZZ以降のガンダムを全く見ておらず
ZZの次に見たのがSEEDで、SEEDやってるさいちゅう&SEED終了後にW・Xを見たんです。
途中F91や逆襲のシャアは見たんですが。
(そんな人間がこんなブログをシャアシャアと書いてますんで)^^;
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月16日 21:11
>シバッチ さま

コメントありがとうございます。
シバッチさまのコメント拝見させていただいて思ったのですが、シンが悩んでいる姿って、ほとんど出てこないですね。
ステラ死んだときも、号泣の後、すぐに復讐の鬼となった表情でしたし・・・
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月16日 21:17
こんばんわ

まぁ確かに詰め過ぎだとは思います。
私は今までのガンダムシリーズを全て見た訳ではないので駄作と言われてもピンとこないのですが、今回はゴチャゴチャ過ぎて訳分かりません。

問題は、前作キャラを全面に出しすぎてる所では。

デスティニー放送決定した時のアニメ雑誌の記事を初めて読んだ時、SEEDキャラも出ると知り、最初は純粋に喜びました。純粋に。
しかし、まぁ一話めから少しガッカリしました。
「・・・シンは?」と。
あれはいくらなんでも。アスランばっかり目立って。
その後もアスランにばかり焦点があって・・・。
そしてキラが出てきた時は、今度はキラにもスポットが当たってばかり。

ステラとシンの関係で、少しはシン中心に戻ってきたかなと思えば、またキラとアスランの関係が入ってきたり。

私が考えてたSEEDキャラの出演は、こんなに派手ではなかったんです。
だからびっくりしました。あまりにも話の中心にいるので。

果たしてコレを「シン・アスカの物語」と言っていいのか・・・。と最近思い出してきてます。
Posted by 藍色 at 2005年06月16日 21:47
>藍色 さま

コメントありがとうございます。
私も正直、DESTINYにSEEDキャラがでると聞いた時はうれしかったのですが、Zくらいにして欲しかったなあ、なんて思ってます。

特にキラをアムロくらいにしておけば、と^^;
(というか、そう勝手に思っていたんです)

ちなみにアスランはクワトロみたいなものということで・・・Σ( ̄□ ̄;)
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月16日 22:33
さて、またしても本題を無視して今度はインフィニットジャスティスとレジェンドの装備解説をば(自己満足かぃ
今回はそんなに資料が少ないので、名称が合ってない場合があるのであしからず。

正義の味方、無限の騎士「インフィニットジャスティス(略称Iジャスティス)」について
パッと見だとちょっとしか変わってない印象を受ける。しかしよく見ると共通点があまり多くない。
装備を見てみると、両腰にマウントされているビームサーベル「ブレフィスラケルタ」と(恐らく)肩にマウントされているビームブーメラン、リフターのウィングの「グリフォン2ビームブレイド」、そして実体兼非実体シールド「ビームキャリーシールド」にマウントされたビームブーメラン「シャイニングエッジビームブーメラン」と、やたら刃物が多い装備をしてます。
「シャイニングエッジ」はマウント時はソードとして機能し、外して使用する場合はブーメランとして機能する。
射撃装備にビームライフルとリフターの衝角上部に取り付けられた「ハイパーフォルティスビーム砲」と、胸部ぼバルカンがある。
この機体はSフリーダムと連携することを前提に開発されたと思われ、Sフリ−ダムの援護射撃を受けながら突撃する戦法がメインとなると思われる。
前の機体でもそうだったが、アスランはマルチロック・システムを使わない。それは、フリーダムと比べ射撃兵器の威力が低い事と、格闘寄りの装備が起因しているがあげられる。
盾のSフリーダムに剣のIジャスティスとして、キラきゅん率いる第3勢力の要として「争いのない世界」を目指して戦う。

第3期EDで突如として現れ、その後も殆ど情報が公開されてない謎多き天意を継ぐ伝説「レジェンド」について。
種でのラスボス「プロヴィデンス」の後継機として、デスティニーと共にミネルバに納入されるであろう機体。デスティニー同様、セカンドステージを上回るスタミナを持つと思われる。
武装はドラグーン・システムと、後継機組の携行火器の中では一番大型のビームライフル、デスティニーと同じビームシールドを装備している。ビームサーベル等の近接斬戟兵器の存在は確認できず。
装備の種類こそ少ないものの、そこはドラグーンの砲門で補えるので総合的にはデスティニーと遜色ない戦闘力がありそうだ。ちはみに、ドラグーンの数は大2小8で、砲門の総数は34門。ドラグーンの端末の少なさから、レジェンドはプロヴィデンスのマイナーチェンジと考えた方が適切かも。
基本的な戦闘法はデスティニーの後方からドラグーンで援護する砲撃戦と思われる。インパルスをルナマリアが乗り継いだ場合、接近重視のデスティニーが前衛とし、レジェンドとブラストインパルスが後衛で援護射撃―――というのがセオリーな戦法。なお、インパルスの場合は臨機応変にシルエットを交換することで柔軟な対応が可能なチームとなる。
パイロットはEDの立ち位置からレイと思われるが、詳細不明。



前回のを踏まえると、この4機はほぼ明確に近中距離用、遠距離用と分かれており、乗り換え後の戦闘ではどれだけ連携を駆使できるかがキーとなると思われる。
今後の戦闘はとりあえず激化すると思うが、2・3話に1回のペースでしか戦闘しないいまの現状を見ると、自分が考えたチーム編成で動く事はないと思う。



とまぁ、後継機組の説明はこんなモンで終らせます。
調子に乗りすぎてごめんなさいm(_ _)m
Posted by 草野かをる at 2005年06月16日 23:07
>草野かをる さま

コメント&説明ありがとうございます。
こういう連携での戦い見てみたいですね、
ってやはり、また3対2なんでしょうかね・・・
しかもアスランがルナマリアと戦うなんてことも・・・
(シンはアスランに粛清されてしまえ!)と思っているのでOKなのですが^^;

記事に書こうと思っているのですが、やはりルナマリアは強い男に惚れ、メイリンはやさしい男に惹かれるのでしょうかね。
(要はルナマリアの肯定だったりしますが)
・・・"r(^_^;
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月16日 23:22
ディスティニーって家でいう大黒柱がないような気がするな
(なんだこの例え^^;)
中途半端に太い柱があってはならないところに立ってる感じでしょうか?
あと明確な敵がいないのが見づらいところですね
前作SEEDではキラが戦争の虚しさと非人間性に気づき
戦争そのもと闘うという、ありえないけどしっかり芯のあるストーリー
だったのですけど、今、ロゴスこそ真の敵と言われても・・・
それとシンについてですが、彼はこれからなにと闘うのでしょうか?
全く想像がつかない^^;
1回、脚本が変えられていないディスティニーが見てみたいですね

最後にせめて今回でSEEDシリーズが終わるなら
SEEDの説明と覚醒条件みたいなもをはっきりさせてほしいです
Posted by 吉良・大和 at 2005年06月16日 23:42
ここへのカキコは2度目になります。
よろしくお願いします。

登場人物の人間関係、私はそれほど複雑とは思っていません。
ファーストを例にとれば、
1.アムロとシャア(ララアを含む)
2.シャアとセイラ
3.アムロとマチルダ
4.アムロとWBクルー(ブライト、リュウ)
5.アムロとランバ・ラル
6.ブライトとミライ(スレッガー含む)
7.ジオン公国内の確執
その他、エピソード的に語られたものも少なくないと思います。(カイとミハルなど)
そうすることで、各登場人物の内面も表現され、より感情移入できる話になっていたと思います。

複雑な人間関係もいいのですが、やはり軸になるものがないと大分ぶれますし、見ていて誰が主人公か分からなくなりますよね(^^;(吉良・大和さんの言うように)
シンを主人公とするなら、前作の主人公達はサポートに徹してくれないとなんだかね。
登場シーンや台詞数、何方か統計出してくれると(w
ここ数話でようやく存在感出てきた感じですが、何処まで貶めて、何処で引き上げてくれるのか、監督さんのお手並みは意見というところでしょうか。

あまり期待してませんが。。。

どうもとりとめなくなってしまい、すいませんでした<(_ _)>
Posted by ウッズ at 2005年06月17日 11:28
 いつのころからでしょう?シンのことが嫌いになったのは・・・。そう感じるように、「嫌な奴」に描かれているのは事実ですが、まだ「ローエングリンを撃て」の頃は、ちょっと生意気だけど、作戦に成功して、住民の歓呼の声の中で満面の笑みを浮かべる素直な奴でした。
 ダーダネルス海峡攻防戦のあたりも、AAの介入の不合理さ(AAびいきの私もあれは、ちょっとと思っています)が中心で、特にシンに悪い点は無いです。ただ、だんだんアスランに対する態度が悪くなっていきましたが。
 そして、最近では、キラ嫌い派からすらも、シンを消極的擁護する声があがる程度で、シン絶対ラブ派はめったに見かけません。
 元々、魅力ある存在には描かれていませんでしたが、成長の機会が与えられないまま、ヒールの役どころを押し付けられた感じです。
 もうこのまま行くところまで行ってしまえ。変に良い子にならない方が良い、と思う次第です。
Posted by 山猫 at 2005年06月17日 13:49
このまえスター○ーズのCM見ました
まさかとは思いますがシンはアナ○ンを意識したのでは・・・
それとも新たな女性ファンを作るキャラなのかなと思います^^;
キラ君は強くて優しい、まさに理想の男性
アスランは、優柔不断だけど誠実で見守りたくなる男性
シンは危ない、「近づくとやけどするぜ」みたいな感じでしょうか?
かなりずれたお話ではありますが、ご理解を^^;
Posted by 吉良・大和 at 2005年06月17日 18:24
>吉良・大和 さま

コメントありがとうございます。
SEEDと覚醒条件については、やはりファースト〜ZZ・F91などでのニュータイプ同様みたいな
扱いで製作者側が考えているんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょうね。

まさか、また人のかくしんとかいうんじゃ・・・

明確な敵・・・おっしゃるとおりですね。
主人公自体が製作者の方々が考える敵だったりしてそんなアニメあってはいけないですよね・・・Orz)
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月18日 00:52
>ウッズ さま

コメントありがとうございます。
ウッズさまのコメント拝見させていただいて、思ったのですが、おっしゃる通りでファーストでも
様々な人間模様がありますね。
では、なんで、私が詰め込み過ぎと感じたか、
考えてみたんですが(つまりファーストとの差)
もしかして、DESTINYは後半になぞを残しすぎなんじゃないかと。

後へ引っ張ることで視聴者の期待を
伸ばそうとしていることが、そんな風に感じて
しまったのかな、なんて思いました。


Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月18日 00:58
>山猫 さま

私がシンを嫌い・「とっとと逝ってまえ!」と
思った瞬間は自分でわかります。
それはシンがトダカをやった時です。
シンの行動は理解しておりますが、感情は別ということで^^;
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月18日 01:03
>吉良・大和 さま

アスラン人気はそこにあるんでしょうね。
(もしかして石田さんもか!Σ( ̄□ ̄;)
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月18日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。