2005年06月16日

逆さ向いてた人たちは今

第2期エンディング曲「Life Goes On」の
映像は左右にメインキャラクターたちが分かれて
上下逆の流れで、出てくるものでした。

その時に逆さ向いて出てきたキャラクターが
いましたよね。
たしか私、逆向きの人は逝く人たちだと
書いた記憶があります。

では、このへんで、そのキャラたちの状況を見てみます。
出てきた順番に

ステラ・ルーシェ:逝っちゃいました(TT

ネオ・ロアノーク:アークエンジェルに捕らわれて(戻って!?)ます

アウル・ニーダ:逝っちゃいました(;>_<;)

(あれ???3人しかいなかったんですね。
実はもっといたと思って、この記事書いたんですが・・・Orz)
ま、いいか、書いちゃったし^^;

行き残っているのはネオだけですか。
ネオに関しては、今のところムウっぽい!?ですが
今後、どちらに付くのかも見所ですね。

私の心情的にはアークエンジェルで、そのまま
戦って欲しいとも思いますが
初期からのOPの映像からだと、やはりマリュー(アークエンジェル)と
もう一戦、そして生身の人間として、ああいうシーンも・・・。

さて、さて、今後どうなりますことやら・・・
┐(´〜`;)┌

ところで、このED、今更見てて思ったんでが、なんでミーアは
後ろ向きなんでしょうね。
ミーアは豊満な胸が、チャームポイントの一つだと思うのですが
やはり、その直後に出てくるラクスの胸を
意識してのものなんでしょうかね・・・(;^_^A

人気blogランキング!面白いブログ見るならここ
全体にポイントが上がってますね
もしかして、学生さんが中間テストで早く帰ってきてるとか
大学生が休みに入った、とかでネット人口増えてます?
本当のことはわかりませんが・・・(;´Д`)


元祖ブログランキング!


posted by アスラン・ズラ at 22:14| Comment(27) | TrackBack(0) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ

私は最初、シンとは反対側にいる人たちは死ぬ人では・・・とか思ってたりしてました。
逆さまの人たちですか・・・。
また今度確認してみます〜v
Posted by 藍色 at 2005年06月16日 22:29
>藍色 さま

コメントありがとうございます。
なるほど、そういう見方もできますね、って
すんごい人数が・・・_| ̄|○

でも・・・当たりそう・・・
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月16日 22:52
2期の時点からキラきゅんで始まり、キラきゅんで終わるのは初期の段階からキラきゅんが主人公であったと誰が思う呆れた話。

となると、ホントに何故製作側がわざわざ新主人公シン・アスカなんて存在を生み出したのかが疑問です。最初からキラきゅんorアスランメインでいけばこんな苦情ばっかり出なかったのに。


それより、種シリーズって名前有りキャラの死亡率が他のガンダムに比べて極端に低いですよね。アークエンジェルクルーの死者はトールとフレイだけだし。(ムゥはネオから匂いがプンプンするので生きてると判断)。敵の死亡率もガンダム史上1・2を争うほど低く、こんな死亡率で戦争がどうのって語られても、パっとしないのは当然かなと。

これでカガリかラクス、またはキラきゅんかアスランが特攻で死んでくれれば少しは非情の話ってことで日本全土が涙した―――になると思うんですが。
シンが死ぬor自我崩壊を起こすのはデスティニーなので無問題。大穴で残り16話(くらい)でファフナーの時のように大幅な修正がかかって良い主人公になるのなら話は別なんですが。まぁ、それはまず有り得ない話なんでいいですがね…
Posted by 草野かをる at 2005年06月17日 00:18
草野かをる様>ホントに何故製作側がわざわざ新主人公シン・アスカなんて存在を生み出したのかが疑問です。

ホンマに俺もそう思います。彼の存在理由は?
って感じです。
シンがカミーユみたいになっても、特にカンドーないし、やっぱカガリorラクスorキラあたりが逝くんが一番衝撃&感動ありますよね。
Posted by ヤス at 2005年06月17日 00:57
すごい!!同じことを考えている人がいたんですね。余りの感動にコメント!

私も15話の感想で同じこと予想してました。
で、そのころからステラは溺愛だったので、
「ステラが死ぬのは避けたい!」とか書いてるんですけど・・結果は見事にビンゴしちゃった・・という。あぁ・・・

ってことは・・・スティングはまだ生きてるのか!!!?
・・・なわけないか。
Posted by ミルキー at 2005年06月17日 02:51
 他のブログでも、OPやEDで反転していると死ぬという説が取りざたされています。真偽のほどは全くわかりません。

 さて、引用までされて、悩んだのですが、好きなのでやります。SEED世界の科学解説。あまり現実に走りすぎると興をそぐので、どこまで真剣に取り組むかは、難しいです。
 今日は、前にも書きましたが、他のブログでもどうやら、全く理解されていないらしい、「陽電子砲」について、もう少し深く突っ込みます。長くなるのをご容赦ください。
 まず2つのことを前提として、ご理解ください。一つ目は、物質とエネルギーは、本質的には同じものであるということです。二つ目は、エネルギーがさまざまな様相を変えて物質になるわけですが、エネルギーと物質の相関関係は、アインシュタインの相対性理論から導き出される式、エネルギー量=光の速度×質量の自乗という割合で、これは既に証明されています。
 原爆、水爆も原子力発電所も、基本的には、この式にのっとって、ラジウム以上に重い重元素に中性子を打ち込むことにより、核分裂反応を起こさせ、1つの重元素あたり600以上ある陽子および中性子のうち1個か2個を物質から、上記の式にしたがってエネルギーに変換させているものです。核融合も、機械的原理は全く違いますが、物理的なものは同じです。
 では、つづけて、「対消滅」に移ります。
 今、この世界は、ほとんどすべて、「正物質」で成り立っています。天文学的観測によれば、宇宙のかなた、宇宙創成の時には、正物質と反物質の反応が観測されています。これは何を意味するでしょうか?
 今の、「ビッグバン理論」による宇宙創造の瞬間には、最初はエネルギーが満ち、次にそれが、正物質と反物質の両方にほぼ同じ割合で物質化します。ここで「なぜ?」と突っ込んだ人とは、もう口をきいてあげません(汗)。
 そして、正、反、双方の物質が生成したと同時に双方は対消滅爆発を起こして、再びエネルギーに還元していきます。今の宇宙は、たまたま、わずかながら、正物質の方が多かったから、その「残り物」でできた宇宙なのです。
 で、ここまで述べたように、正物質と反物質は、接触すると、反応を起こし、光エネルギーに変わります。しかし、光になるのは理想的条件で、必ずしも1対1で反応するとは限りません。
 言い忘れましたが、ここでの反応は、上記の相対性理論の式のとおりのエネルギーの発生量で、通常の原爆の比ではありません。
 もどりまして、1対1で反応しないので、素直に光にはなれずに、他の核反応も引き起こして、主にガンマ線を放出します。ガンマ線は、「粒子線」ですが、ここでは関係ないので割愛します。
 で、やっと、SEEDに戻りますと、連合の「ローエングリン」も「タンホイザー」も兵器の名称で、同じものです。しかし、「陽電子砲」と言うのが、上記の「反物質」と全く同じものではないのは、前にこのブログで書いたので、疑問です。
 確かに、反電子と電子は対消滅爆発を起こすはずです。しかし、電子の質量と言うのは、物質全体の、コンマ何%程度で、その程度が対消滅しても果たしてどの程度の爆発が起きるか?その一方、電子を失った陽子、中性子は重粒子線となって、重大な放射能汚染を引き起こすものと推測します。予想するだに、タンホイザー1発の威力は、広島に落ちた原爆の威力をはるかに下回るものと予想。ただし、放射能汚染はより深刻。そう考えられます。
 疲れましたので、今日はこの辺で。誰か、もう一人、私みたいな人がいれば、掛け合いでもっと面白くなるのに・・・。
Posted by 山猫 at 2005年06月17日 16:57
レジェンドは議長からアスランに与えられた機体のようです。が、議長に不審を抱くアスランがミネルバを脱走する際にレジェンドを持ち出しすかは不明。まあ、近いうちに分かる事ですが。
シンはレイと議長の策略でダークサイドに引き込まれ、レイと共に脱走したアスランを追いかけるそうですが、アスランに銃口を向ける事をためらうらしい・・・完全に悪魔になったわけではないようだ。

S自由の羽はスーパードラグーンという武器だったんですね。自由もS自由も射撃に特化した機体ですね。そういう意味ではザフトの自由に対する兵器思想はバスターがベースだったのか?
Bサーベルも装備してるので近接戦にも対応が出来るのがバスターの弱点を補ったというところでしょうか?

デスティニー・ガンダムは他のSEEDガンダム同様直線・平面で構成されたデザインなのに、羽だけ有機的なデザインでアンバランスさを感じますね。ただし90年代以降の工業デザインの流れは有機的というか、3次曲面を多用したものが多いんですよね。
そういった視点で見るとガンダムデザインはF91やVガンが今風のデザインと言えるかもしれません。
Posted by クロート at 2005年06月17日 17:52
種シリーズの対人関係の場合は、EDのような一枚絵で推測するのではなく、キャラデザを担当した「平井久司」氏が担当したアニメを参考にすると、以外と次に死ぬのは誰かとかわかるのかも?
ちなみに、キラきゅん・フレイ・サイの三角関係は「無限のリヴァイアス」の相葉兄弟と宝仙葵の関係そのままという話。結末は違うけど。

死んだ死んだといいますが、ガンダムシリーズで3人編成で全員生き残った連中っていましったっけ?記憶の中には存在しないんですが。(単にVガンの影響が強いだけ


ここから先は山猫さんへ援護射撃にならない援護射撃をば。
自分はあんまり細かいことはわからないんで、映像から確認できる現象を元に推測します。
種の世界では基本的に「ニュートロンジャマー」が働いてるので核分裂・融合は起こりえないことになってます。あんまり記憶にないんですが、「対消滅」も核融合とかその辺の部類にあったと思います。別物なら話は別なんですが、山猫さんの解説を見てると「対消滅」も核融合の部類に入ってると解釈しちゃいます。
そうなると、必然的に何故「陽電子砲」が撃てるのかが疑問になります。そこで、一つの仮説を立ててみました。
『陽電子砲は、陽電子を撃ち出す荷電粒子砲』説
または「陽電子砲と云う名の荷電粒子砲」。どちらでもいいんですが。
装置自体もVガンに出てきたカイラスギリー(超特大のメガ粒子砲。別名男の○○○)と似た構造になっていることや、「溜め」が必要な仕様からこう考えるのが妥当かと。
ただ、これだと種でマリューさんが地上ぶっ放そうとするナタルに言った「大気汚染が酷いから使えないわ!」という言葉の説明になってない………さらに云うと、大気圏脱出の際に起きたよくわからない現象の説明も………

だめだ、やっぱ山猫さんの援護にならんorz
そいうや、前に雑誌でローエングリンやらゴットフリートの構造の説明が載ってたな…後で探してきます…





Posted by 草野かをる at 2005年06月17日 17:52
>草野さま
 援護射撃どうもありがとうございます。
 正直言って、本当に現代科学を厳密に当てはめてしまうと、アニメ世界は成り立たないので、そこら辺の手加減をしてのぎりぎりで話をしています。
 で、ニュートロンジャマーについて、解説しないと、おはなしが進みません。
 マルキオ導師が、地上でのエネルギー不足を嘆くように、原子力発電を阻害するとすれば、また核爆発を阻害するとすれば、ニュートロンジャマーが阻害するのは、中性子と言うことになります。さて、そうしますと、@核融合は起きないか。A対消滅(陽電子砲)で、核爆発は起きないか。の2つの疑問が生じますが、実は、どちらも違います。
 核融合に、中性子は必要ありません。ただ、今、実用化に向けてい核融合「炉」では中性子が必要ですが、プラズマの流れを利用した、磁気流体発電であれば、中性子は必要ありません。
 次に、対消滅にも中性子は、全く関係ありません。だから、一応、作品世界での描写は、爆発大小、核爆発の中心で生き残る人がいると言う理不尽さを除いて、一応正しいです。
 宇宙世紀のザクは核融合炉内蔵でしたが、「ザク核爆発」と言う早口言葉がでましたが、核融合炉は、実は、核分裂炉以上に、核爆発を起こしません。もちろん、大エネルギーでプラズマを内包していますので、それなりの爆発をしますが、核爆発ではありません。
 ぎりぎりのところでと言っていますが、はっきり言うと、モビルスーツって言うのは、全く持って、無用の長物で、開発する人はいないでしょうね。でもそれを言ったらおしまい。
Posted by 山猫 at 2005年06月17日 18:39
>山猫さんへ
何を言ってるんですか!!
人型ロボットとその操縦は男のロマンじゃないですか!!・・・・・この場合に作るのは科学者?機械屋さんかな?とファースト世代は思うのですww
Posted by ボスヤスフォート at 2005年06月17日 21:48
↑はなんだかとっても難しい話になっていますが・・ちんぷんかんぷんなので、普通に行きますw

ステラもアウルも確かに逝っちゃいましたね。
ネオは生存中だけど、ムウ確定ならネオは死んだ(存在しなくなった)ということで「逆さ」というこじつけでどうでしょう?
ネオの存在が無かった事になる・・となると嘆く方々がたくさんいそうですが・・・
でも私もムウとしてAAと行動を共にしてほしいと思っているので無理やりですw

また土曜日がきます。
キラはどうやら普通にAAに連れ戻されそうですね。
(良かった!これ以上話を複雑にしてほしくないし・・怪我してるのかとかは見ないとわかりませんが)
Posted by たいむ at 2005年06月17日 21:56
 人型大型ロボット(人間操縦)っていうのは、今後、土木作業で役に立つと考えられます。宇宙空間でも役に立つでしょう。
 基本形は、人間型でも、他にマニュピレーターや微細作業用のアームをつけることは考えられます。ただし、MSのように、十数mはなくて、数m程度でしょうが。外部操縦が基本でしょう。
 宇宙空間では足を除いては人間型は理想的です。地上でも足よりは、キャタピラの方が現実的でしょう。
 ここら辺は、「パトレイバー」が、一番現実に近いですね。
 人間の形と言うのは、ある意味進化の頂点で、理想的な形態です。でも、ロボットとなると、話は変わります。断言しますが、将来、MSはありえないでしょう。ただし、宇宙服の機能を拡大する形で、外部動力で機能を強化するものは考えられるかもしれません。ガンダムの基礎になった、「宇宙の戦士」にある、機動歩兵のような存在です。アニメでは、装甲騎兵ボトムスが近いでしょうか。SFで言う、「強化服」「強化兵」みたいなものは、可能性があります。
Posted by 山猫 at 2005年06月17日 22:33
 私にとっての「男のロマン」は、宇宙戦艦ヤマトは絶対否定した上での、自由に飛行する、キャプテン・ハーロックと、アルカディア号です。
 独立自尊、独立独歩、天衣無縫、傍若無人、質実剛健、自分勝手。
 最高です。
Posted by 山猫 at 2005年06月17日 22:42
>草野かをる さま

コメントありがとうございます。
え!?ファフナーって大幅な修正が入っていたんですか!
実は私ファフナーは全部TVが終わってから
まとめてみたもんで、詳しいことは知らないんです。でも少しの間はまりました^^


そういえば、ニュートロンジャマーの回収しないんですかね。
ニュートロンジャマーキャンセラーがあるから
いいのかな・・・
じきに、ニュートロンジャマージャマーキャンセラーとかできたりし・・・ないですよね
(;´Д`)
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月17日 23:02
>ヤス  さま

コメントありがとうございます。
私信なのにジャマして申し訳ございません。
m(_ _)m

シンの存在理由・・・・んんん
SEEDでキラがあのまま、バーサーカーした場合を具現化したもの、ってところでいかがでしょう。
だめかな・・・
次のOP曲「僕たちは似ている」にひっかけて
(でも似てないですよね・・・)_| ̄|○
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月17日 23:09
>ミルキー さま

コメントありがとうございます。
ステラは、ガンダムシード デスティニー1の
人気ヒロインキャラだけに、よくこんなに早く
逝かせたもんだと、スタッフにある意味で
感心しています。

ぶっちゃけ、桑島法子さんが別の予定が入ってて
急がしかったとか・・・そんなわけないですよね・・・
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月17日 23:20
>山猫 さま

化学的考察、しかも長文、本当にありがとうございます。
なんとお礼を申し上げてよいやら、まじめな話、私の記事より、山猫さまのコメント楽しみにしている人が多いような気がします^^;

山猫さまの記事を読んでいて、思い出したことがありました。(ちゃかしているんじゃなくて、まじめな話です)
高校生時代に習った言葉
「すいへーりーべぼくのふね」
です。当時先生がたしか
「元素記号の表は忘れるけど、これだけは覚えている」と言われたのを思い出しました。
私もその通りでした・・・_| ̄|○


おおお、アルカディア号!私は銀河鉄道999が
大好きで小さい頃、999のパスもってました。

トチローがアルカディア号の心に・・・
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月17日 23:30
>クロート  さま

コメントありがとうございます。
羽・ガンダムといえば、やはり私は
ガンダムW の
「ウイングガンダムゼロカスタム」をイメージしますね^^
ていうか、まじめな話、知人に
「ウイングガンダムゼロカスタムいつ出るの???」と
まじめに聞いたのは私です・・・_| ̄|○

「エンドレスワルツ」で羽がはばたきと共に宇宙に飛び散るガンダムは
どうかと思いましたが・・・Σ( ̄□ ̄;)


Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月17日 23:36
>ボスヤスフォート さま

コメントありがとうございます。
話はずれますが、メイドロボット(人型)
なんてのは・・・でないですかね。
操縦はできないですが。
(なんか違う男のロマン世界にいきそうですが・・・)
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月17日 23:40
>たいむ  さま


コメントありがとうございます。
>ムウ確定ならネオは死んだ(存在しなくなった)
おおおお!
それいいですね!(ていうか自分の記事に書きたっかった)
全然気が付きませんでした。

ならすべてOKですね^^
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月17日 23:43
アスラン・ズラさん・・・・・何も言うまい
我が同士よ!!
Posted by ボスヤスフォート at 2005年06月17日 23:47
極論を云ってしまうと、”今の人類には”人型兵器は必要ない。人類同士でやりあうなら今の兵器群だけで十分で、逆にどの兵器体系にも属さない”人型”なんてものが出ると、戦場を混乱させるだけの代物でしかない。
また、今の人類にはミサイル兵器があるため、殆どの兵器はミサイルだけで堕ちる。
では、何故人型を生み出す必要があるのか、そこを(勝手に)推察してみたいと思います。

種のモビルスーツの原型は、ジョージ・グレンが火星(だったか木星)で作業するためのワークスーツです。ザフトはそれを素に重装甲、高機動、高火力に改造したのがモビルジンとなります。
種のモビルスーツは、基本的に宇宙で活動するために開発されました。
それでも人型である理由がある必要がありません。モビルアーマーに腕つければ早い話なので。

では、どのようになれば人類は人型兵器を生み出す必要があるのか。それは簡単。
基本全高が20メートルクラスの知性体と戦争すればいいんです。

『ナンダッテー!?』>ΩΩΩ

先にあげた通り、人類同士の戦争では人をメインに相手にするので、必然的に兵器の大きさも人に合わせるため小型になります。そうなると、人よりちょっと大きい人型兵器を生み出すより、黙って人を前に出せばいいだけの話になります。
さらに相手に人類には無い画期的な対空防御システムがあれば、戦闘機やミサイルは無用の長物と化します。もっと云うと、読心能力があれb(抹消
そんな相手に人類はどうやって勝てばいいか?そこで人型兵器の出現です。
人類が地球上で繁栄を極めれたのは、「戦術」を用いて生き抜いてきたからです。
「戦術」というのは、要は連携と地形利用を主眼に置いた戦闘法。より相手を確実に殺すための手段です。人類が持つ最強の武器は、ミサイルや戦闘機、ましてや銃でもありません。一人では殺されるライオン相手でも殺せる「戦術」なのですから。
ここで人型である意味が生まれます。人間がより効率よく戦おうとする場合、戦闘機や戦車などよりも、自分の形に近い人型であるなら今まで考えられてきた戦術を駆使して戦うことができます。
何度も云いますが、人類が持つ最強の武器は戦術です。これなくしてどんな戦闘も勝てません。ただ闇雲に突っ込むだけならイノシシでもできますからね。

とまぁ、あくまで仮定の話ですが、これくらいの理由なら出てきてもおかしくないかなと。
しっかし、相変わらず中途半端な切り方するな、自分………orz


>アスラン・ズラさん
修正というより、持ち直しですね。
マークザイン入手後からの展開が非常に良かったということです。
一騎の前半がシンみたく影の薄いキャラで、ただ戦闘ばかりに目が行く奴だったのが15話から存在を強めていったのが非常に印象的でした。途中の甲洋の覚醒や灯篭流し等が良いアクセントになって、「見てよかった」と思える内容になったのだと思います。ちなみに、前半のあのグダグダした内容が続くようだったら駄作になっていたでしょう。

いつだか種系の本を読んだ時、Nジャマーの装置は地熱をエネルギーに換えるとかなんとかで、ほぼ半永久的に動くとかなんとか。あれ、300年だったかな?



ちまたでは最強のガンダムはフリーダムかWゼロカスタムかって云われてますが、性能面で言えば問答無用でV2アサルトバスターだと思うのは多分自分だけorz
過去のモビルスーツで亜光速まで持っていける機体、一機でもいたか!?
3つも異なった防御手段を持ってる機体、一機でもいたか!?
ハロに動かさせた機体、一機でも居たか!?(ぉ

以上、反暴走気味の草野からでしたorz
Posted by 草野かをる at 2005年06月18日 01:00
>ボスヤスフォート さま

(^^v
これ以上書くと別のジャンルにされそうなんで
"r(^_^;)
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月18日 01:21
>草野かをる さま

私Gガンダム見ていないので、よく知らないのですが、スパロボのイメージでゴッドガンダムが
めちゃ強いイメージがあるのですが、だめですか^^;
Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月18日 01:24
>アスラン・ズラさん
え?Gガン?あれはガンダムじゃなくてスパロボじゃないんですか?
富野監督がとあるガンダムの漫画で言わせた「角と眼をつければなんでもガンダム」を体現させた機体じゃないんですか?

とまぁ、それはさて置き。
あの性能って、機体の性能と云うよりパイロットの性能によるものが強いじゃないですか。パイロットを変えればゴットフィンガーは使えるも、「石破天驚拳」や「超級覇汪電影弾」等の流派「東方不敗」の技は使えないわけで。(ゲームだと使えるのはそういう仕様だから
それに自分が言ったのは「性能」メインなので、パイロットまで考慮すると問答無用で「ニューに乗ったアムロ」になるんで公平に機体のみで書きました。
Posted by 草野かをる at 2005年06月18日 01:40
>草野かをる さま

Gガンダムってそういうものなんですね。
イメージだけで書いちゃったんで申し訳ないです。m(_ _)m

やっぱVガンダムもみないとだめですね、私
_| ̄|○

でも、この「最強のガンダム話題」
ガンダム好きが集まって話すと盛り上がるんでしょうね^^


Posted by アスラン・ズラ@ここの人 at 2005年06月18日 07:46
最強のガンダムなんて決めようとするだけ無駄です・・・・とはいえファンなら当然好みのガンダムって有ると思います。
そういった意味では、カミーユ&Zガンダムが私の最も好きなガンダムですね。某所でMSの撃墜数がRX-78と比較して圧倒的に少ないなどと揶揄されていますが、ニュータイプ、強化人間、エースパイロットが多数敵として登場する中、撃墜されずに生き残っただけでも大したもんです。しかも最終回では、ジ・オにライフルを捨ててWRで体当たり攻撃を敢行したところは、パイロットの名前に反して実に漢くさい最後でした(嘘くせえ!でも好き)。

また、殆んどの人が対象外にしようとしているターンAも月光蝶を発動すると始末に終えません。
あれを世界中にばら撒かれると文明が滅ぶほどなのですから、そういう意味では最強というより人類にとって最悪のガンダム系MSかもしれません。
Posted by クロート at 2005年06月18日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。