2005年06月20日

35話「混沌の先に」酔っ払い感想バージョン

日本酒コップ(多分一杯:200ml)を5杯飲んだ状態で
35話を見てみました。

前の記事が予想外に、たいへんなことがわかったので
・・・(;´Д`)

アルコールが多量に入ると、かなり私は
場当たり的な状態になりますので、この先は
酔っ払いのざれごととしてお読みください。



まず、アスランよ!
てめえ、軍隊という組織の中に入ったんだろ!
なら、組織の上が指示・命令した
フリーダム撃墜を全うしたシンを殴ってどうするよ!
「あんたの仇も、とった」という部下に
なぜ「ありがとう!よくやった!」と言えない!
それがサラリーマンだろ!組織から給料もらってるんだろ!

なら、命令を全うした者を、自分の感情を抑えて
褒められないか!

そして、レイよ!シンよ!おまえらもおめえらだ!
それが上司に対する態度か!間違ってるだろ!

(だめだ、しがないサラリーマン根性しみついてる、私・・・)_| ̄|○

でもね、話は変わるけど
「拳で語れぬ男に女性を愛する資格はない!」

私の心情です。自分の愛する者が暴漢に襲われたら
どうする?

難しい方程式が解けようが、色んな言葉がしゃべれようが
力がなければ、愛する者は守れないんだよ!

申し訳ございません。飲み過ぎて眠くなりました
酔っ払いのじゃれごとはこのへんで・・・

この文章を読んで気分を悪くされた方へ

無礼な文章をお許しください。
(謝るくらいなら、その行動をやめろ
といわれたことがあったな・・・)

人気blogランキング!面白いブログ見るならここ


元祖ブログランキング!こちらもなかなか


posted by アスラン・ズラ at 00:44| Comment(15) | TrackBack(0) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えぇ〜、アスラン・ズラさんに足りないものは度胸じゃいですかね?
もっと胸を張って「俺はこう思った!だから書いた!」ぐらい云っても云いのではないかと。
まぁ、そこがアスラン・ズラさんの良い所なんですが。自分は好きですよ、そういうところ(何だお前

悪い言い方をすると「謝るくらいなら書くなぁ!」なんですが、そんなこと言わないのでご安心を(って、もう云ってるし
Posted by 草野かをる at 2005年06月20日 02:48
>拳で語れぬ男に女性を愛する資格はない!
まあ、この場合「男を愛する資格はない!」になっちゃってますけどね(笑)
>自分の愛する者が暴漢に襲われたらどうする?
愛する者が男ですけどね(笑)
男同士の戦いには手を出しちゃいけない様な気も・・・
弱いならともかくキラは最強ですし。
あ、暴漢がホモの場合は手出し可か。
って事はシンはホモ?(笑)
Posted by シバッチ at 2005年06月20日 09:10
こんばんわ

そういや、アスラン達って給料もらってるんですかね?
これは前作SEEDの時でも言えますけど・・・。

Posted by 藍色 at 2005年06月20日 21:25
こんばんは
確かに組織に入った軍人ですから個人的感情をだしてはいけませんね、、、
ただレイ&シンに対してのアスラン・ズラさんコメントはザフト軍全体でもいえますよね
以前から思ってたけどザフト軍は強力かもしれないけど組織としては三流だよね
Posted by ゆう at 2005年06月20日 22:00
>草野かをる さま

コメントいただきありがとうございます。
そう言っていただけると、正直ホッとします^^



Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月20日 22:01
>シバッチ さま

コメントありがとうございます。
たしかに、アスランはキラにこだわりすぎ、というか、なんというか・・・。

この設定つくった人が女性で、女性が男同士の友情に対するロマンを書いているような気がしてるんですが・・・
(全然違うかな・・・)(;´Д`)
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月20日 22:05
>藍色 さま

コメントありがとうございます。
相当な高給取りだと思っているんですが
どうなんでしょうね(えらいさんだし)^^;

デュランダル議長の演説からも、SEEDの世界にも
経済活動はあるようですしね。

Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月20日 22:08
>ゆう さま

コメントありがとうございます。
ゆうさまのコメント読んで、フと思ったのですが
FAITHであるアスランのことを
呼び捨てにしていないのは、メイリンだけのような気がするのですが、やはりハイネの話を聞いていないからでしょうかね^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月20日 22:12
こんばんわ

>そもそもアスランがフェイスになった理由は組織に縛られず
アスランが自分の信念の元、自由に動けるためために議長からもらったのですよね・・・
確かザフト入隊も書類上のものだけだと^^;
結局アスランも議長の洗脳にスッポリはまってたんですね
責任感の強い、アスランに部下を持たせたら組織には
逆らえない
また、出世など戦果など一切気にしないアスランには部下の処罰もできない。すべて計算ですね・・・
だがこれも今日で終わりだ!

それにしても擬等の周りにはいつも女の陰がチラついてますね
ふと気になったので^^
Posted by 吉良・大和 at 2005年06月20日 22:38
>吉良・大和 さま

コメントありがとうございます。
そうなんですよね。
復隊し、FAITHになった時、そういう話だったのに、フタを開けてみれば、こうですから。

実社会でも、こんなことあります・・・・というよりこういうことばかりですよね(;´Д`)
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月20日 23:19
こんばんわ

>私にはどっちかとうと
「こんなことあります」
の方が正しかったりします^^
実は実社会を知らない学生だったりしますね^^;

まぁいあわゆるSEED世代というものでしょうか
実際ガンダムを初めて知ったのはSEEDですし
その後ファーストをよく知る友と出会い、よく喧嘩になる(汗)
ファーストもその友からよく話を聞いたり、
ゲームであるていどの内容はわかります
逆襲のシャアは見ました^^

SEED世代の私から言わせてもらうと
SEEDは駄作だパクリだ言われるけど、
じゃあなければいいのか?
SEEDで初めてガンダムというロボットアニメを知り
そこからファーストにつながっていくケースもあるわけだし
ファーストにつながらなくとも、ガンダムはガンダムなわけですしね^^;
私はSEEDは平成のファーストと思っております。
Posted by 吉良・大和 at 2005年06月21日 20:41
いつも楽しく立ち寄っています(^^)
きっと酔った本文けっこう気に入ってます(笑)
アスランはフェイス特権でシンを殴った、そういうことです。(レイ風)
男女ネタで、なにより気になるのは、アスランはカガリのことほんまに好きなんかー!?ってことですが(笑)
キラよりカガリを心配しろ(`ω´)プンスカ!
Posted by ozw at 2005年06月22日 12:15
 吉良さんの言うことはわかります。ファースト世代とは言え、途中を見ていないで、無印SEEDを見た私は、結構良いと思いました。なぜキラがあんなに嫌われるのか、私には良くわかんないんですがね。
 ただ、種デスは正直言って、良い作品では無いと思います。やはり、監督と脚本のせいでしょうか?
Posted by 山猫 at 2005年06月22日 13:16
「種デス」は正直かばいきれませんね^^;
今回で確信しました
ニコルが死んだときアスランは自分を責め
キラと死闘を繰り広げました
それはニコルとトールの死が通過点ではなく、物語の重要な「ファクター」であったからです。
しかし今回はキラが死んでも(実際には死んでないが
アスランはそう思ってるはず)
泣きもせずシンを責め立て、正論を言われ黙ってどっかいくだけで恋人については名前すらでてこない始末
実際作ってる人が忙しいく時間の限られている中で、話を進ませなきゃならないのは
分かりますが、無二の親友の死があれだけってのは
ちょっと許せないです
Posted by 吉良・大和 at 2005年06月22日 21:14
吉良・大和さんに同意します。
脚本家、脚本チェックをする監督共に一番重要な人間ドラマをすっぽ抜けにしています。
忙しくて気付かないのか、元々気配りの無い人たちなのかは知りませんが、例え忙しかろうが視聴者に親切でない物は、伝えたい事も伝わらない。
勘違いされたままでは作り手も不本意なはずなのに。
今時のドライな人間関係しか持たない人には気付かない事でしょうが、キャラの心情を正しく表現する事は物語の重要なファクターですね。
ニュータイプが持つ洞察力ほど求めはしませんが、送り手はファンにとってもキャラに対してももう少し親切に話作りをして欲しいですね。
話の進行がのろい割には雑なんです。
Posted by クロート at 2005年06月23日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4472908

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。