2005年06月21日

ルナマリア版 週刊レディオ SEED DESTINY

今回はルナマリア・ホーク役:坂本真綾さんを
ウィクリーパーソナリティーに
迎えての放送でした。

(実は高橋広樹さんを迎えた2回目の
放送の記事書いてないんです)・・・_| ̄|○

マリューの囁き(コレ書いていいのか・・・)
「巨乳っておばあさんになってからたいへんなのよね」って・・・

深くは突っ込みません。(^^;

坂本真綾さんが言われていましたが、この
ラジ種デスで一人目のウィクリーパーソナリティーでしたよね。

でも、野球が伸びたとかで、放送されたなかった地域もあったそうで。
もちろん私は聞きましたよ(^^v

ハイレグネタ・・・なぜハイレグというのか
ハイレッグ?足が高くまであるから。これ本当ですか!?

クワトロ(くわぞの)さんネタ
SEEDで出てきた水中で活躍したモビルスーツ「ゾノ」
(私は名前は知りませんでしたが・・)
このくわぞのさんの名前からつけられたって
ほんまかいな・・・^^;
(ていうか、こういうのでモビルスーツの名前を
つけるんですか)

デスティニートークコーナー
「レジェンド ガンダム」のアクセント決まってるんですね。
私てきには車のレジェンドと同じだと思っていましたがアクセント違うんですね^^;

ルナマリアのセリフ
8割が「アスラン」
次が「シン」そして「・・・」
って、そうなんだ、全然気がつきませんでした。
同じ言葉に違いをつけるのは、難しそうですね・・・(;´Д`)

今回の放送でもシン・アスカ役:鈴村健一さんが歌うキャラクターソング
プライマルイノセンス

がかかりました。この曲、カラオケで入っているとこ
ありますか。あったらお教えくださいm(_ _)m

この曲、このCDに入っています
機動戦士ガンダム SEED DESTINY スーツ CD (6) シン・アスカ×デスティニー
機動戦士ガンダム SEED DESTINY スーツ CD (6) シン・アスカ×デスティニー


ここは私信:
バサラッチ&みざさんへ
カラオケ入ったのわかったら、カラオケいくぞーーーー!

その他の方でも、私と同じ地元に住んでおられる方
(日本一大きな湖のところです)

日頃歌えない、アニソン&ギャグ歌をめいっぱい歌い方
いっしょにいきませんか^^

(ってここで誘ってどうするよ・・・)_| ̄|○


インパルス行きます!コーナー

坂本真綾さんのインパルス
「電車で妊婦に間違えられて、席譲られた」
って、声優さんって電車乗るんですね。
そのことににびっくりしましたよ。

そういえば、Zの映画見に行く時に、おばあちゃんに
席譲ったことを思い出しました。

「近所ののセブンイレブンが10時閉店」
私は若くないですが、なぜセブンイレブンという名前なのか
この放送で初めて知りました(;^_^A
(世間知らずな私・・・)

「友人は代官山を山だと思っている」
あれ?あれって山というか丘みたいになっているとこだと
思っていたのですが、違うんですね
(我ながらアホ丸出しだな・・・)Orz

そして、次回予告「アスラン脱走」
この予告聞いても楽しみです^^


マッ種〜♪

人気blogランキング!楽しいブログ探すならここ


元祖ブログランキング!


posted by アスラン・ズラ at 23:33| Comment(18) | TrackBack(1) | ラジ種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ

ゲスト、坂本真綾さんだったんですか。
実は先週、寝過ごしてて聞き逃しまして・・・。

鈴村さんの「プライマル・イノセンス」は私も聞きました。
あのCDは今日発売ですが、昨日(21日)CDショップに行ったらもう売っていました。

声優さんも電車に乗りますよ。
ある人は、電車で台本を見ようとしたら、向かい側に乗ってた女の子が台本のアニメの原作を読んでたので、見るのを止めた、と言っていました。
Posted by 藍色 at 2005年06月22日 00:09
>藍色 さま

コメントありがとうございます。
結構気がつかないものなんですね^^;

台本は、そういう話ありそうですね
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月22日 00:19
 モビルスーツの名前の付け方は、凝ったものから安直なものまで、いろいろあるようですが、「ザク」と「グフ」は、大河原氏が「そのようなやられ方をする」と言うことで名前をつけたとか。(安直な・・・)
 ついでに言うと、かの有名な大要塞、「ア・バオア・クー」とは、悪魔の名前。ヤキンドゥーエはただいま、調査中。「ドム」はだれかが嫁さんを見て思いついたんでしょうか?
 ゴック、ゾック、ズゴックも、「何かそんな感じがする」って言う名前ですね。「アッガイ」は赤貝だそうだとか・・・。
Posted by 山猫 at 2005年06月22日 08:26
ヤキン・ドゥーエは、ソロモン王が建てた「ソロモンの神殿」の中にある一対の青銅製の円柱から由来します。
右側の柱を「ヤキン」と呼び「確率」を意味し、左側の柱を「ボアズ」と呼び「力」を意味します。この二つが結合することで「安定」が生じるとされています。
「ドゥーエ」はイタリア語で「2」を意味するとかなんとか。

余談ですが、リアルでも「血のバレンタイン」という名称で虐殺が行われたらしいですね。こちらは、7人ほどですが。
Posted by 草野かをる at 2005年06月22日 12:59
 「血のバレンタイン」の元ねたはあまり知られていないんですか?年寄りの私にはよくわかりますが。禁酒法時代のアメリカはシカゴで、かの有名な(今はそうでも無いか)、ギャング、アル・カポネの部下が、対立するマフィアのメンバーを壁に一列に並べて、マシンガン乱射で、皆殺しにした事件です。ネット検索すれば、犯行現場の写真も見られるかもしれませんよ。
Posted by 山猫 at 2005年06月22日 13:08
 最近、自分の科学解説のアスランっぷり(へたれっぷり)に、また、かなりのブログで引用されているので、弱気になっていましたが、ここで突然再開します。
 核分裂炉と核融合炉の違いと、そこにおけるニュートロンの違いについて解説したかったんですが、あまりにも長くなるので、今日は、以前から予告していた「レールガン」について。
 レールガンは、まずなによりも、皆さん、今開催中の愛知万博で走っている、リニアモーターカーをイメージしていただくと大変わかりやすい。
 車体が前に進むのは、車体の永久磁石と、レール側の電磁石を、制御しながら一定速度で、反発させたり、引っ張ったりして、前に進めているわけです。
 「レールガン」も、速度が違うだけで、全く原理は同じです。磁石の同じ極が反発するのを利用して、弾体に磁性を帯びるものを置き、周りから、前からは引っ張り、後ろからは反発するようにして加速します。どちらか一方でも良いです。そのほうが簡単です。これを、弾体の速度にあわせて、加速していけば、弾体は高速になり、これが劣化ウラン弾に磁性体のカバーかベルトをつけたものなら、貫通力は、火薬で発射した砲弾よりもすさまじくなります。
 問題は、加速に要する、「距離」です。磁石による反発力を使っていますが、その力は、よほど強力にしても、瞬間的には火薬には及びません。徐々に加速していかざるを得ません。
 フリーダムでは、そのような加速距離が取れなさそうですが、弾体が小さくてよければ、加速する装置をらせん状にして、距離を稼ぐと言う方法が考えられています。
 ただ、この兵器は、弾体に火薬を詰めることができない可能性が高い(高エネルギーの中で爆発するかどうなるかわからない)ので、ひたすら、硬い弾体での貫通性能を求めることになるでしょう。
 兵器としては、今の技術でも全く可能ですが、コストを考えると、火薬で撃ったほうがはるかに安いし機動性に富んでいると言うのが、現状です。
 種世界では、宇宙に行くのに、「マス・ドライバー」を使っていますが、「レールガン」とは、原理は全く同じです。と言うか、マスドライバが可能な世界なら、コストさえ見合えば、宇宙空間でレールガンは、ある程度有用な兵器でしょう。
Posted by 山猫 at 2005年06月22日 16:48
こんにちは、奈美です。
坂本真綾さんっていい声してますよね〜。
私彼女の曲好きです。
Posted by 奈美 at 2005年06月22日 17:59
>山猫 さま

コメントありがとうございます。
名前の由来、私の知らないことばかりです。

当然レールガンについても、全く知らないことでした。お教えいただきありがとうございます。

ぶっちゃけレールガンって、磁石の力なんですね
^^
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月22日 20:35
>草野かをる さま

コメントありがとうございます。
ガンダムSEED DESTINYって、そういうところからも参考にして名前をつけているのですね。

知らなかったことばかりです^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月22日 20:41
>奈美 さま

コメントありがとうございます。
申し訳ございません。
私、坂本真綾さんの曲聞いたことがないんです
・・・_| ̄|○
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月22日 20:42
タイムリーなネタなんですが、今日本を読んどって初めて知ったこと。
「てぇ〜〜!!!」
とよく叫ばれている「トリスタン」と「イゾルデ」は
実話から成る中世欧州伝説なんですね。
オペラにもなっとるし!!
そして、オペラ「トリスタンとイゾルデ」の作者の名前が
「ゴットフリート・フォン・シュトラスブルク」

種の製作者って結構文化人なんかな?
回想シーン使いまわすだけが取り柄やなかったんや。。。
Posted by ヤス at 2005年06月22日 22:17
>ヤス さま

コメントありがとうございます。
タイムリーなネタにしてくださったのは
山猫さまと草野かをるさまが、話を膨らませて
くださったからなんですよね^^;

(私の記事では、そんな・・・)Orz

そうなんですか!私は初めて知りました。
(ていうか、ここにいただいたコメントでお教えいただいたこと、知らないことばかり)
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月22日 22:35
 >ヤスさま
 神話・伝説ヲタ(科学ヲタ、兵器ヲタでもある)の私に美味しい話題を・・・・。
 SEED世界に神話ねたが過剰にちりばめられているのは、以前にも何度か、ここで、紹介しています。
 繰り返しますと、紀元8世紀以降、今のドイツ、フランス、イタリアの母体となったフランク王国が、メロビング・ルネッサンス、カロリング・ルネサンスと呼ばれる、文化的には、遅れていた中世ヨーロッパの中で、地域的な文化を花開かせました。そこで、いわゆる「騎士道」物語が数多く生まれ、「ローランの歌」などが著名ですが、その中に、成立年代は不明ですが、フランスあたりで、「トリスタンとイゾルデ」という、騎士道、悲恋物語が成立します。同時期に、種デスに出てくる「パルシファル装填」という、「パルシファル」も、今のドイツで成立した騎士道物語です。これらは、11世紀(13世紀だったかな?)に、マロリーという人により、「アーサー王と円卓の騎士」という、ブリテン(今のイギリス)の物語の中の円卓の騎士に取り込まれます。
 英語読みで、「パルシファル」は、「パーシヴァル」となりますが。
 これらは全体としては、マロリーによる中世岸物語の再話であり、創作ですが、アーサー王物語自体は、ヨーロッパの先住民族であるケルトの神話が色濃く残っています。
 まぁ、問題といえば、ローマ神話の神ミネルバに、なぜ、ケルト神話系のアーサー王の騎士たちがが出てくるかですが、そこらへんは、製作陣はおおらかなようです。
 他にも神話ねたは山ほどあります。
 レジェンドの型番「666」は、「獣の数字」と言って、悪魔の軍団の数とも言われます。その他もろもろ。でわ。
Posted by 山猫 at 2005年06月22日 22:58
オーブの各名称は日本にまつわる物がメインなんですよね。
タケミカヅチは日本の神、アメノミハシラは神話から、ムラサメは刀(刀鍛冶?)、マス・ドライバー”カグヤ”は竹取物語、ゴールドフレーム天ミナのトツカノツルギはかの有名なヤマタノオロチ伝説から―――
その内アマテラスとかヨシツネなんて名称の機体がでてきそうだ………

なんというか、種の名称は節操ないですね。しかも名称はあっても使われないのが常だし。ソードシルエットのエクスカリバーもビームソードで済まされるし。


余談ですが(むしろ主題?)、デスティニーにはレーザー核融合炉が搭載されてるらしいですね。
主にミネルバ等の戦艦が搭載する動力を積んでるとかなんとか。
Posted by 草野かをる at 2005年06月23日 01:40
>草野さま
 ついに出ました、「レーザー核融合」。
 これは、現代の時点で、既に発電用としては実用化研究が放棄されているものです(汗)。
 原理は至って簡単。核融合燃料のトリチウム、デュウテリウムらを、カプセルに封じ込め、そのカプセルを焦点に、各方向から、大エネルギーのレーザー光線を当てると言うもので、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)に世界最大の実験装置があります。
 焦点に当たったレーザー光のエネルギーにより、燃料カプセルは、急激に加熱されかつ圧縮されます。これにより、内部の核融合燃料物質が、核融合を起こすと言うものです。
 一時は、圧縮率、プラズマの維持時間などで、世界のトップの時期もありました。
 しかし、純粋な研究として、「地上で核融合を実現する」と言う目的ならとにかく、「そこから、投入した以上のエネルギーを取り出す」と言う目的からすると、この原理の施設では、全く持って、発電は不可能と言うことで、今は、傍流の研究になっています。
 現在主流なのが、トカマク型という、ドーナツ型をした、「トーラス」と言う中は中空のパイプに、燃料物質を入れ、強い磁力を外部からかけて、自分自身の誘導電流で加熱させ、プラズマ化し、核融合に持っていく方法です。発電の方法は、きわめて原始的な手段をとりますが可能は可能です。他にはミラー型というのが、小型ですが、良い条件を出しています。
 最近は、トカマク型のトーラスの中に、高周波の電波を送り込んだりする方法などで、現在、核融合で、投入エネルギーより放出エネルギーが上回る一歩手前まで来ているとされています。
 レーザー核融合の欠点はもう一つあり、設備が、直径数百mにもなることです。これは、技術革新でコンパクトにできるものではないので、MSへの搭載は無理ですね。
 核融合の研究が世界で一番進んでいるのは、日本とEUです。現在、世界的な共同開発を目指して、本物核融合を実現できるかもしれない、研究施設「ITER」の立地場所を、日本とEUが争っています。一応、日本有利な状況ですが、大金がかかりますので、どうなることか?
 製作陣も、普通に「核融合」とだけ言えば良いのに、どうして、聞きかじっただけの嘘をつくんだろう?
Posted by 山猫 at 2005年06月23日 12:17
 レーザー核融合発電について、最新情報を捕捉します。と言っても、中心になっているのは、大阪大学だけで、主流派はトカマク方式なんですが。
 平成12年現在、レーザー核融合の研究が一番進んでいるのは日本の大阪大学らしいです。
 「光陽」と言う名前の、発電用核融合炉の概念設計はできていて、規模は、直径数十mです。
 ただ、論文を読んだのですが、まだ問題は山積みです。理想的なことばかり書いてありますが、「ちょっとそれは難しいんでないかい?」と言う問題が多々残っています。
 何が問題かというと、プラズマを「封じ込めなければならない」のに、炉心に、燃料カプセルやレーザー光を照射するための「穴」をたくさんあけなければいけないという、「矛盾」を抱えている点です。どう解決するかは、論文には「将来の課題」としか書いて無かったです。
 利点は、トカマク型より、少ない注入エネルギーで済む点とかです。以上
Posted by 山猫 at 2005年06月23日 14:09
>山猫 さま

この「レーザー核融合」のコメントを拝見させて
いただき
明日会社でその辺が大好きな人と熱く語ってしまいそうだと、思いました。

いいのか、こんなんで、私・・・

Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月23日 23:12
>草野かをる さま

え!
あの剣って「エクスカリバー」って言うんですか!

初めて知りました。聖剣エクスカリバー
だっけ・・・
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年06月23日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4519968

この記事へのトラックバック

★本日の一押しGirl⇒【るかchan】★
Excerpt: 夢見る処女【るかchan】(≧∇≦)謙虚なところがまたカワイイです♪挑発的な上目遣いに男性諸君は悩殺ですねo(>▽<o)(o>▽<)o
Weblog: H美少女大発掘☆
Tracked: 2005-07-03 12:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。