2005年11月14日

一番面白いガンダムシリーズ

以前ちょっと記事に書きましたが
某大手掲示板のスレッドで
「一番面白いと思ったガンダムシリーズを書け!」

というのがありました。そこになんとなく
現時点で一番面白いと思うガンダムシリーズは

 ガンダムSEED

なぜなら、まだ最後どうなるのかわからないから
エンディングわかっているものよりわからないものの
方が面白いと思うから

と書きました。
当時ちょうどガンダムSEEDがON AIR中だったんですよね。

で、その続編としてガンダムSEED DETSTINYも
放送が終了しました。

皆さんはどのガンダムシリーズが一番面白いですか。

私は正直申し上げて、答えが見つかりません。
ただ、ガンダムSEED DESYTINYが一番にはならないですね。
・・・_| ̄|○

まず、一番にひっかかるのが使回し映像の使い過ぎです。
戦闘シーンなんて、まるでどうでもいいように
でも思っているように、同じ映像がでています。

ガンダムと言えば、モビルスーツ同士の戦いも売りの
一つなのではないでしょうか。

だからと言って、ファーストガンダムが一番!
だとか、今劇場版となっている
Zガンダムに勝るものなし!
なんてことは思ってもいません。

正直、現時点では、どれとは言がたいです。

ガンダムというのは、他のほとんどのアニメと
違うのは「ガンダム」という名前を使いながら
全く別世界の話なんですよね。

それがたくさんあると。
こんなアニメは他にあまりないですね。

この話をするとまた、もめるので
答えはそれぞれ皆さんの心の中ということで♪

人気blogランキング!面白いブログ見るならここ


posted by アスラン・ズラ at 00:25| Comment(14) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何が一番面白いのか?
もしくは名作なのか?
これこそ人によりけりで、決められるものではないでしょうね。
しかし個人的にどれが一番かを言う事は構わないでしょうね。
そういう意味で私が一番面白いと思うのは、なんと(?)∀ガンダム。
理由は、繰り返し何度も見たいと思うもの。
また、実際に何度見ても面白いと感じるものだからです。
放送当時、ヒゲ・ガンダムを見ただけで拒否反応を示す方が居ましたが(自分も設定画を見た時は絶句しましたが)、今でも居るんでしょうかね?
単なる食わず嫌いとしか言わざるを得ない面白さが∀には有ると思います。
世界名作劇場的な雰囲気も好きですね。
宇宙戦争が数百年、数千年続いた末の更に二千年以上の後の世界など、誰も想像つきませんでしょうから、逆にあのような19世紀を思わせるような世界の方が分かりやすいでしょう。
賛否両論有った∀のデザインは、突起物をつけて進化したガンダムデザインを一度ファーストのようなシンプルなラインに戻しつつも、表面ディテールに凝った造りに新しさを感じました。
プラモもSEEDのHGシリーズほど手が込んでいない分、自分の手腕が発揮できる内容になっていますので、二度三度と作りたくなります。

キャラに関しても中性的な男の子主人公に初の女性声優起用。
グエンやキエル・ディアナなど、舞台俳優から声優さんを起用した事も好演の要因だったかと思います。

一方、ストーリーの面白さとは別にどのガンダムが一番好きかというのも、ガンダム人気に欠かせないものとなっていると思います。
そういう意味では、Zガンダム、Mk−U、∀を挙げます。
Zは所謂ガンダム顔をしていないところ、ウルトラマン・ファミリーではセブンに相当するかと思います。
初代のガンダムに媚びない顔というのが好きですね。あとは立体物にすると、まず設定どおりに変形できないデザイン。はっきり言ってしまえばデザイン上の設計ミスの何物でもないのですが、それを何とかさせようとモデラー(模型を製作する人のこと)に思わせるのも魅力の一つです。

MK-Uは、いかにも空間戦闘に適したバーニア配置、リアリティと嘘っぽさが適度にマッチしたカッコ良さを感じます(しかし、バイファム、エルガイムにもっとも影響されたデザインともいえますが)。08小隊のガンダム程にリアリティを突き詰めてダサくなっていない所が秀逸。08小隊ガンダムは陸戦兵器的なデザイン意匠は分かりますが、強さが欠けてジムといい勝負なガンダムになってしまったように見えます。

∀は前述の通りです。
カッコ良さだけ見ればウィングガンダム・ゼロカスタムやフリーダム系などが有りますが、もはやリアリティを感じない事と、3D視点で見るとポージングが決まりにくく、素立ちか空中浮遊ぐらいしかカッコ良く見えないところにデザイン的欠陥を感じます。
Posted by クロート at 2005年11月14日 02:25
 私も∀が一番いいと思っています。
 世界設定や人物描写、ストーリーもさることながら、クロート様のおっしゃるように、メカの造形が秀逸だと思っています。

 まずMSから。主役機∀のよさは、動かして美しいデザインだといえないでしょうか。シド・ミード氏が工業デザイナーだということが、十二分に感じられます。
 ダグラムのようにバックパックをつけなかったのも正解だと思います。
 あの「ひげ」も、アニメーターの方のリファインにより、引き締まったディテールになっていましたしね。考えてみれば、ゲッタードラゴンだってひげがあるじゃないですか。

 スモーもフラットもいいですね。あと、カプール(カプル)。ZZのときには、あんなにファンキーなメカになるとは想像もしませんでした。(ズゴックのプラモでファンキーなポーズをとらせたことはありましたが…。)

 MS以外でも、ザックトレーガーの設定などは、SFっぽくて、うれしいところです。
Posted by もりたか? at 2005年11月14日 09:10
確かに。
同じ「ガンダム」の名を冠していても全くの別物ですよね。

しかし、物語の奥深さ・兵器や人物の魅力・キャラ萌え・・・何であれ
それぞれの作品に様々なファンがついていますから
全作品違った面白さがあるのでしょう。

ちなみに私は全部好き(笑
節操が無いを思われるかもしれませんが、MSガンダムを主軸として
各作品それぞれに描こうとしているものが違っていますから
「どれかを基準に考える」ことをしなければ全部面白いと思います。

ですが種シリーズは現時点だと私の中では消化不良気味なので
次回作でスッキリさせてもらえると期待したいところ。

登場MSの点からすると、やはり一番新しい種シリーズものものが好きなのですが
ややスマート過ぎる気がしますね。
「兵器」というよりは何か「作品」という感じのような。
Posted by 通りすがりのあるふれっど at 2005年11月14日 11:50
連書きで失礼します。唐突に思い出したもので。

11日の○曜ロードショーで「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」
をやっていたのですが
主人公:石田さん
姫:真綾さん
のお二人が声当ててました。
真綾さんがヒロインではなかったのが残念!(笑
ちなみにこの主人公、物語前半はかなりのへタレです。
「うわぁあぁ!」の声がベットから転げ落ちるアスランそのままで・・・(笑
Posted by 通りすがりのあるふれっど at 2005年11月14日 14:29
あぁむずかしいですね^^;
といっても、ほとんどのガンダムの事を知らない私ですが。

私が初めて見たガンダムは

Gガンダム

なんかその時は小さかったので面白かったんですが^^;
アレ、スゴいですよね。
ビームライフルを使わず、あくまで肉弾戦。
なんか、かめはめ波らしき物も出しますが^^;

ガンダムとしては「異例」だと思います。
あぁいったストーリーも逆に良いのではないかと。
なんか妙に子供向けといったような、何と言うか。

子供うけは最高に良かったんでは?
Posted by 野球小僧 at 2005年11月14日 18:09
アスラン・ズラさん、こんばんは。
私は「SEED」です。
「DESTINY」は含みません(笑)
実はまともに見ているガンダムが、ファースト・ゼータ・∀・SEED・SEED−Dしかないという世界の狭さゆえの答えですが。
ファースト世代でありながら、ファースト放映時から”イデオン”に浮気していた私です(笑)ファーストはないですね。「逆襲のシャア」は好きですが。

SEEDはMSもカッコイイ。
私の中では、終わってもまだまだ一向に”過去のもの”にならない作品だったりします。
Posted by たいむ at 2005年11月14日 19:04
どれが好きか、と言われると、∀ガンダムですね。
Gガンダムはおもしろさの基準が違うと思うので評価から除外w
OVAシリーズも含めると、ポケットの中の戦争、08小隊、スターダストメモリーも良作です。
そういや∀って結構エロな表現ありますw
ロランもやはり男の子だな(笑)
Posted by 鉄弥 at 2005年11月14日 19:33
>クロート さま

コメントありがとうございます。
∀ガンダム、私は見たことがないんですよね
・・・Orz

ぜひ見てみたいです
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月15日 00:39
>もりたか? さま

コメントありがとうございます。
∀ガンダム、意外!?と評価高いのですね。
自分が知らないと、なかなか評価できなくて
^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月15日 01:04
>通りすがりのあるふれっど さま

コメントありがとうございます。
「ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)」
見たかったなあ・・・^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月15日 01:12
>野球小僧 さま

コメントありがとうございます。
Gガンダムについても実は見たことないんですが、なんというか・・・
とにかくすごガンダムだと思っています。

たしかファーストガンダムの世界から外れた
初めてのガンダムではなかったでしょうか
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月15日 01:24
>たいむ さま

コメントありがとうございます。
SEEDは私も評価は高いです。
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月15日 01:34
>鉄弥 さま

コメントありがとうございます。
∀ガンダム、やはり評価高いですね。
やはりみないといけませんね^^
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月15日 01:40
どうもこんばんは。
今更になってしまいましたが、∀の話題とあらば参加したいということで私からも一言。
もしアスランさんが、∀を本気でご覧になりたいと思っており、時間にも金銭的にも余裕があるようでしたら
TV版全話を見て頂きたいのですが、そうでない場合は劇場版として再編集された”地球光””月光蝶”をお勧めします。
ただ劇場版Z、もしくはそれ以上に物語の展開が早い為”いきなり見て分かるかな?”という不安もあるのですが、
こちらを見てからTV版にはまったという人もいるそうなのでよかったら是非。

僕からも∀とは別にお勧めを紹介します。
といってもタイトルにガンダムシリーズとあるのにガンダムではありません。それにはきちんと理由があります。
まず最初にアスランさんは、
”487名の少年少女達の、暗い雰囲気を持つ群像劇”
”熱い男達が繰り広げる激しいアクションもの”
この二つのどちらがお好みでしょうか?

”群像劇”の方でしたら”無限のリヴァイアス”を薦めます。
「2137年、太陽のコロナフレアによる異常現象”ゲドゥルト・フェノメーン”(ゲドゥルトの海)が地球を襲い、
南半球をのみこんでしまった。
それから88年後の2225年。航宙士を目指す少年少女達が、とある事故によって謎の巨大艦リヴァイアスに
乗り込みゲドゥルトの海を旅していく・・・」という物語です。
この作品は自称”アニメを見ない”福田夫妻も見ていたらしく、個人的にもSEEDはこの作品を意識していた
と思わせる部分があります。


”熱い男達のアクション”でしたら”スクライド”をお勧めします。
「突然の大隆起によって形成された大地『ロストグラウンド』。日本本土から隔絶されたその大地では、
崩壊からの復興を果たした住人と、そのままの爪痕を残す崩壊地区の住人との間に、特殊な二層社会が発展していた。
その中に、生まれながら”アルター”という特殊能力を持つ者たちがいた・・・。」


勘のいい人ならもう分かったと思いますが、この2作品を紹介したのはSEEDとの大きな共通点があるからで、
それはキャラクターデザイナー平井久司さんと(一部の)声優さんです。
SEEDシリーズは女性人気が凄いというのは何度も言い尽くされた謳い文句ですが、
放送前からSEEDに期待していた人はこの2作品のはまっていた人が多いと思います。
恐らく新作ガンダムという理由よりもずっと。
声優さんに関しては音響監督が同じ(デス種除く)ということもあり、特に”リヴァイアス”は
かなりSEEDと被っています。
”スクライド”になると若干共通は少なくなりますが、主人公カズマの保志さんの演技はキラ役とは
かなり違います(リヴァイアスの祐希役もそうなんですが)。
某匿名掲示板とかで保志さんの演技の批判が出た時(演技の幅が狭いというのが多かった)、
それに対してファンからの擁護としてほぼ必ずといっていいほど
”スクライド”のカズマが引き合いに出される位、キラとのギャップが激しいです。

これら2作品は全26話と結構ボリュームがありますが、TV作品は殆ど4クールもののガンダムシリーズを見るより
こちらを見てみるのもまた一驚かと思います。


長々と見苦しい文章大変失礼しました。
どの作品であれ、見て貰い楽しんで頂けたら嬉しいです。
Posted by RP at 2005年11月18日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ついに落札!デスティニーガンダム!!
Excerpt: ついに!ついに! 落札となりました。 神業改造された デスティニー ガンダムが その落札価格は・・・
Weblog: 元気印の日なたぼっこ
Tracked: 2005-11-15 11:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。