2005年11月18日

シン アスカは悟っていたのか

最終話「最後の力」で
アスラ ザラが
「もう、お前も過去にとらわれたまま戦うの止めろ!
 そんなことをしても何も戻りはしない。

 なのに未来まで殺すつもりか!お前は!」

この言葉(続きもありますが)に対し

「だけど!だけどーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

と叫び、止めに入ったルナマリア@インパルスごと
(とうかインパルスに!?)
デスティニーフィンガーを仕掛けています。

この「だけどーーーーーーー!」
が、アスランの言葉への完璧な否定ではないように
聞こえます。

つまり、デュランダル議長の進める
デスティニープランは「人類の未来を殺す」
ことをシン自身が感じていながら
「戦争をなくす」
この言葉から従ったということなのでしょうか。

このアスランとシンの語らいから
SEED最終話でのクルーゼとキラの会話が
気になりみてみました。

フリーダムも金色に輝いている瞬間があったですね。

しかし、この最終話の語らいを見る限り
クルーゼが正しく聞こえる私の中には
「人は悪である」
ということが、こびりついているのだと思いました。

人気blogランキング!面白いブログ見るならここ
まだ見つけられますね^^;

posted by アスラン・ズラ at 00:17| Comment(15) | TrackBack(1) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにおっしゃるとおりですね。
否定はしてないように思います。

最終戦前に
ルナを閉め出してシンとレイが語っている際、プランについて
シンが「だけどコレは・・・」と言いかけているので
何となくでも不安を持っている事が伺えます。

ただ、アスランが言った
「未来まで殺す気か」までは思い至ってない気がしますけど(笑
「自分も不安はあるけど、戦争を無くするにはコレが正しいはずだ」かな?

やっぱりこの辺も伝わって来にくい・・・(泣
Posted by 通りすがりのあるふれっど at 2005年11月18日 12:44
い〜ち、に〜、さ〜ん、フォオオオオォォォォォォォォッ!!

伝わらないのは、セリフが接続詞のみで埋め尽くされているから……。
ですが、やはり否定はしていないでしょう。
でも、あそこは悟っていたというより、逆ギレぎみになったといった方が適切なようにも思えます。
彼は、他者ならまだしも、自己否定してしまったんでしょう。
過去を憎み、それによって(設定上)最強の力を得たにもかかわらず、凸の言葉に共感してしまった。それは、今までの自分の行動の全てを否定してしまうことになる。そのあまりの衝撃に思考は停止してしまうものの、戦闘が染み付いた身体は戦闘を止めることが出来なかった、と。結果はダルマでしたが。

>フリダム金色
ではないですが、新発売の1/60ストライクフリーダム・ライトニングエディション、通称ピカフリのインストにこんな記述がっ!!

ストライクフリーダムガンダムにおける関節の発光現象

キラ・ヤマトの操縦は、その卓越した技量ゆえに機体構造に設計限度目一杯までの負担をかけてしまう。
設計の限界を超えた超機動に耐えるため各部材へ振り分けられたパワーが関節部のPS装甲から光の形で放射し発光現象を見せるのである。

更なるキラキュンさいきょー設定萎え&BEE-CRAFTの面々もつかれ様

とゆーわけで、HGデスティニー購入を決定したわたしなのでした。
Posted by レイザーバレルHG at 2005年11月18日 19:04
アスランもなかなか言いたいことを言いませんからね。
脱走した時も、「やがて彼らは世界の全てを殺す!」「だから俺は!」
抽象的な言い方とか、言葉の最後の大事なあたりを言いよどむあたり、人を説得するのが下手ですねぇ。

シンといえば「だけど!」「でも!」「あんた!」ですねぇ。
それはキラも一緒ですけど。

アスランの台詞で好きなのが、きらに対して言った「分かった様な口を言うな!!」
アホの子ラクスに言おうとした「な!? バ!」
馬鹿って言えば良かったのに。
それらに対するキラの台詞は「うん、だけどもう、嫌だから。撃ちたくない、撃たせないで」
「大丈夫だよアスラン。もう大丈夫だから」


お前の頭が大丈夫か!!
いや、もう、手遅れか。
次回作の監督に、「キラきゅん超絶矯正大計画」を実行させてほしいです。
キラファンと夫妻の言う事なんぞ無視していい。
サンライズとバンダイのお偉いさんがちょっと脅せば黙りますよw

>ピカフリ
ジャスティスも光らんかなぁ・・・。
∞ジャスティス・プラチナムエディション。
アスラン・ザラの苦悩は、その卓越した気配りゆえに、身体構造に堪忍袋目一杯までの負担をかけてしまう。
堪忍袋の限界を超えた超苦悩に耐えるため、各身体へ振り分けられた細胞が、関節部の赤血球から光の形で放射し、憂鬱現象を見せるのである。

って、これじゃたんにアスランそのものだな。
Posted by 鉄弥 at 2005年11月18日 19:56
 おひさです。
 正直、作品の質が悪いので、その中で、登場人物が何を考えていたか、真面目に考える気は起きません。
 最終2話の録画を見直してみましたが、見れば見るほど、面白いくないです。
 最後のステラの霊体シーンも、意味不明で作品には関係ありませんね。
 駄作としての評判を確実なものにしつつある、種デス。第三部はどうなるんでしょう?
 ガンダムの歴史の汚点、両沢千晶はもうやめてほしいです。
Posted by 山猫 at 2005年11月18日 20:44
 シンは、理屈でものを考えることが非常に苦手なので、理屈で攻められると、かなりパニクるわけです。
 議長の言葉の中に、完全に肯定し切れない「何か」を感じていても、理屈が伴わないので、議長の手駒となって戦うほかに考えられない。
 自分の手がけた作品が失敗だとか、困ったちゃんだとかいわれても、理性で考えられない脚本家と同じ精神状況ですね。
 エンディングの歌詞は、君=シン、僕=脚本家
なのか? と穿って考えてしまいますが、いかがでしょう?
Posted by もりたか? at 2005年11月19日 00:33
上で散々言われている通り、会話にならない会話しかしない話なので特に誰が悟ったとか考えるのは無駄なこいとだと思います。
嫁いわく「アスラン!」「あぁ!」だけでキラアスが何を語りたいのかを悟れとのことですが、そんなの腐女子でも難解なんでもっと言葉を使え、マジで。

あぁ、あと嫁はシンのこと好きらしいですよ?
「私はシンのことこう書いたのに、周りはあんな風に描いた」「私はこう思った」とか、自己弁護に忙しかったですが。
それと、福田は後半のことは殆ど「覚えてない」そうです。最終話EDで嫁の名前がいの一番に挙げられたことを「それは知らないなぁ」とか言い逃れしてました。
………夫婦そろって言い訳とはみっともねぇ。

>ピカフリの関節解説
あれってつまり、「余剰エネルギーが流失してる」状態ですよね?
………むしろ壊れやすくなってない、それ?
凄いどころか、設計ミスな臭いがする。


>HGデスティニー
なんか、オプションがやけに豪勢ですよね。
和田(スーフリ)は旧キットの金型をちょこっと弄っただけとしか思えない構成と変なエフェクトパーツだけ。
対して我らがデスティニーは(恐らく)新型金型に光の翼・スタンド・1/100よりも開いてるDフィンガー・新型肩関節………
なんて優遇されてる子なの、デスティニー!!(ノд`)
製作部の愛は和田よりも運命の方に注がれていると切に思う。
Posted by 草野かをる at 2005年11月19日 02:11
かなり無駄に時間を経過させていた割に空疎な会話ばかりでしたからね。
感覚でモノを言うな、ということですよ。
負債同士の会話じゃないんだから、あんな代名詞や接続詞の会話で何が理解できるのか?
ですから最終回のシンに投げかけたアスランのセリフも正直?ですし、キラのセリフも?でした。
シンはバカですから分かりやすい単語でしかモノを言っていませんでしたが、それも単なるダダッ子のセリフにしか聞こえませんでしたね。

SEEDキャラで自分の意思を明確にしていたのは、パトリック・ザラとデュランダル、それとクルーゼぐらいじゃないですか?

HGデスティニーですか、確かにこれまでのデスティニーの立体モノでは一番の出来のようですね。取り敢えずこいつでSEEDモノは最後にしようかと思います。
ストフリの関節が発光するなんて、またもや物議を醸す設定をでっち上げたものです。
大体PS装甲って透過光するのか?
プラモの関節ってクリアー素材を使ってるんでしょ?
金色に塗装しても尚発光するなら、その設定も納得できるけど・・・
私は来月のMGゼータVer.2に期待します。
でも劇場版っていうのは言いすぎですね。
プロポーションが全く違うのだから。


Posted by クロート at 2005年11月19日 03:42
フォオオオオオォォォォォォッ!!
だから、マトモな人間関係を描けない時点で、嫁には見切りをつけるべきだと。

一方……
おおっ!!プラモ話に反響がっ!!

>鉄弥様
ピカジャスでは売れないでしょう。で、代案ですが、アスラン機なんだから自爆ギミックを内蔵しましょう!!ボタンを押すと、リアルな爆発音とともに、頭腕脚が吹っ飛ぶギミック……昔のWガンのおもちゃみたいだ。ピカフリもしゃべればよかったんですよ。「やめてよn(ry」

>草野かをる様
一応、和田も完全新規金型で、ドラグーン部にはスライド金型を使ったりしているんです。製作チームがフリダムと付くなら、出来が悪くても売れるとみてテキトーにCAD引いたのか?ピカフリは売れねぇだろうなぁ。
来年の福袋候補:
当確:種死系コレクション、HG和田、胚魔乳2、ザク、1/100カオス、ザク
次点:ピカフリ、PGルージュ
バンダイ的には気合の入れ具合からも、デスティニーこそが主役機なのでしょう。

>クロート様
漏れも、種プラはデスティニーで卒業予定です。でも、剣パルスに羽ヴァカのフレーム仕込むんで、種プラ自体はちまちまいじっていきます。

これ以上は、ブログ違いですな。ゴメンナサイ
Posted by レイザーバレルHG at 2005年11月19日 10:04
>通りすがりのあるふれっど さま

コメントありがとうございます。
そういえば、レイとの会話でありましたね^^;

未来に対する不安を感じながら
というのも、やはりシンの扱いは・・・
(TT
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月20日 00:16
>レイザーバレルHG さま

サンクス フォウウウウウウウウ! ムラサメ
・・・


ストライクフリーダムにそんな設定があったとは!\(◎o◎)/!

お教えいただきありがとうございます。
しかしフリーダムの数倍の戦闘力を持つ
ストライクフリーダムの限界を超えるって・・・
スーパーコーディネター恐るべしですね(^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月20日 00:21
>鉄弥  さま

コメントありがとうございます。
インフィニットジャスティスが光らない
そうなんですよ!実はインフィニットジャスティスがインパルスやデスティニーの足を
蹴り潰してますが、あれ、設定を知らないと
わけわかんないと思うんですよ。

もう少しわかるようにして欲しいですよね。

Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月20日 00:25
>山猫  さま

コメントありがとうございます。
SEEDシリーズ第三部

本当にどうなるんでしょうね・・・
でも、やはり同じ世界の続編ですから
なかなか外せないんでしょうね^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月20日 00:28
>もりたか? さま

コメントありがとうございます。
>エンディングの歌詞は、君=シン、僕=脚本家

申し訳ございません。正直ちょっと笑っちゃいました^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月20日 00:36
>草野かをる さま

コメントありがとうございます。
>最終話EDで嫁の名前がいの一番に挙げられたことを「それは知らないなぁ」

って福田監督・・・・
そんな・・・_| ̄|○

Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月20日 00:41
>クロート  さま

コメントありがとうございます。
そうなんです!
DESTINYって単語での会話というか
語尾を言わないことが多いように感じてるんです。

まあ、視聴者に「わかるでしょ!」と言いたいのでしょうが
^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月20日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

shrub
Excerpt: Hi
Weblog: performance 18/12
Tracked: 2005-12-19 08:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。