2005年11月19日

オーブの軍事力

話からは少し逸れますが
オーブという国の軍事力

について少し考えて見ました。
先に結論をいってしまうと、この国
ものすごい軍事国家ですね。

現代で言えば日本というより、宗教問題から

国が荒れている核ももった国のようですね。
(中東でいいのかな)

普通、軍事費に多額のお金をつぎ込む国ってのは
経済的に追い込まれる可能性の高い、やばい国なのですが
オーブを見た限りそんな感じはないですよね。

もしかして、オーブでは石油がを輸出していて
国が裕福であるとか、原材料系のものがとれるのでしょうか。

それともまさか、武器輸出とかしてたりしてΣ( ̄□ ̄;)

人気blogランキング!面白いブログ見るならここ
かなり動きが激しいですね^^;

元祖ブログランキング!


posted by アスラン・ズラ at 04:30| Comment(6) | TrackBack(0) | ディスティニー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SEEDの頃に中立といいつつ連合のMSを製造していたわけですから国としては何というか黒いですね。
モルゲンレーテ社ってどこの国かわかりませんが、SEED1話のカガリの台詞から考えると恐らくオーブなのでしょう。つまりオーブは立派に武器輸出をしていたわけです。
オーブは先の大戦から戦争は良くない事は学んだらしいですが、守るための剣とは言えやはりMSは破棄せずしっかり持っているわけです。
武器輸出は止めたようですけどね。
カガリがザフトの強力なMS製造に激を飛ばしておりましたがこの事を踏まえると「輸出してないけどお前の国だって立派にMS作っているではないか。」って反論が出ても当然と思います。
しかもSEEDDESTINYに出てくるオーブのMSのアストレイでしたっけ? あのMSはストライクよりもスペックが上の様に見えました。
理由は、キラの乗ったストライクではザクで苦戦していたのに一般兵が乗っているアストレイはザクやグフと互角に戦っていたからです。
つまりは立派に強力なMSを製造しているわけですね。
カガリの言っている事と国でしている事はかなり違います〜と突っ込みたくなりますね〜。
遺産のMSも超強力ですしね。
Posted by L-GAIM at 2005年11月19日 20:02
>L-GAIM さま

コメントありがとうございます。
なるほど、おっしゃるように
あのモビルスーツの性能ストライクより
高いようですね。

これもコーディネーターの知恵を取り入れた結果なのでしょうね^^;
Posted by アスラン・ズラ@ココの人 at 2005年11月20日 00:56
オーブのモルゲンレーテ社。
前種では連合の圧力に負けて、オーブ政府の一部が独断で
Gシリーズ開発&AA開発を行ない、提供していた模様です。

オーブは元々ナチュラルもコーディネーターも住める中立国。
技術スタッフの中にもコーディネーターが居たようなので
そのMSのスペックは普通に考えれば連合よりは上っぽいですよね。

種運命でのザクはストライクよりもスペック的には上らしいです。
そのザクやグフとほぼ対等に戦っていたムラサメやシュライク装備M1も
ストライクより上ということになりそうですね。

しかし、前種でキラがOSの開発に協力するまではM1が全く使い物になっていなかったあたりが、なんとも変。
んー・・・GシリーズのPS装甲やらAAやら、MS等の兵器開発は
プラントや連合よりも、オーブのモルゲンレーテ社がかなり先に行っていたはずですが
OS開発がサッパリ、って何でですかね???・・・(笑
Posted by 通りすがりのあるふれっど at 2005年11月20日 01:22
晴天 フォオオオオォォォォォォォォッ!!

まあ、オーブは民主主義国家じゃありませんからね。5大氏族なる連中の間で、最高指導者を決めて、それに従っているだけですから。ウズミ様にいたっては、院政すらやっておられましたからなぁ。オーブ軍なんかは、アスハの私兵的存在みたいな記述もどこかにあったような気がします。

オーブが裕福な理由って、何でしょう?高い技術力云々の件があるように、やはり重工業国と見るのが妥当でしょうね。ぶっちゃけると、兵器開発国?
MS、艦船、武装などに目が向きますね。陽電子砲なんて、あそこが初めて実用兵器として完成させたんでしょ?挙句は、衛星からも探知されない秘密ドッグとかある始末。
モルゲン自体は国営企業なんですから、国(アスハ家)レベルでの技術供与(金儲け)ということはやっているんじゃないでしょうか?そうすると、ウズミの言動とは全く相反するわけですが……。

まあ、アカツキの時にも書きましたが、あの国力は尋常ではないですよ。
大西洋連邦から主権を戻して僅か2年、全てのインフラを整備しつつ、MS改良、可変MS開発、旗艦建造およびオーブ艦隊の再編、インシグニアMSの再開発、マスドライバーの再建、イズモ級宇宙艦の追加建造。
そのことを何とも思っていない国民性、その能天気さを象徴するかのように水着女のCMが流れる……。オーブ国民は調べられる手段が幾らでもあるのに、何も考えない一部のバイアスのかかった日本人と同じだ。
これだけのものを2年で出来る国家なんて、それこそ世界中から非難されても仕方ないですよ。
ザフトの司令ではないですが、「いいかげん討たれて欲しい」というのは、どの国家からも思われていることではないでしょうか。
オーブこそ、ロゴスだといわれても仕方がないですなぁ。

でも、行き着く結論は……
そこまで、考えていないんでしょうよ、負債は。プクダにとってはオーブが理想の国家らしいけれども。やっぱり、単なる最強厨だわ、このオトコ。
わが国がアメリカの物量に屈服し、「もはや戦後ではない」といわれるまで、一体どれだけの年月を必要とし、どれだけの血と涙が流れたのか。ど阿呆監督は考えたことすらないんだろうなぁ。
Posted by at 2005年11月20日 12:00
>通りすがりのあるふれっど さま

コメントありがとうございます。
OS開発が下手なオーブ・・・

ん?よく考えるとキラってただの学生ですよね。
それが軍事最高機密とも言える期待の
OSを戦いながら書き換えるなんて・・・

まあ、いいか♪
スーパーコーディネーターだし♪
(って納得できるかな・・・_| ̄|○)
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年11月21日 00:48
>レイザーバレルHG さま

コメントありがとうございます。
おっしゃるように、あれだけ短期間にあれだけの
復興。

あれえねええええええええええええ!
て感じですよね。
私も思います。せめてもう少し爪あとを残して
おくとか、監督さんも考えなかったんですかね

^^;
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年11月21日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。