2005年11月23日

強ければ何をしてもいいのか(相撲編)

以前いただいたコメントで
シン アスカ役: 鈴村健一さん
キラ ヤマト役: 保志総一朗さん
アスラン ザラ役:石田彰さん

お三方が
「同じ性能の機体(ザクだっけ)に乗って戦った場合
誰が一強いのか」

という話題の話をされたと聞きました。
その結果は、ともかくとして
先日いただだいたコメントに、相撲ネタがありました。

(ちょうど相撲ネタ書こうと思っていたので
なんともタイムリーなネタでした)

このコメントに対する、私の言葉にも書いたのですが
正直今の相撲はTVでも、私は全く見ていません。

簡単にいうと
「相撲が強ければ、何をしてもいいのか!」
と思うからです。
今相撲界の頂点に立つ人の、今までの素行や態度を
見ていれば、どんな人かは想像つきますよね。

私に言わせれば、ただの自己中の強い輩にしか
見えません。
言い換えれば、現代のお子チャマたちといっしょ。
そんな人間が相撲が強いというだけで
社会人として非常識な行動をとる人間を
頂点とするスポーツを誰が応援しますか。

私は絶対しません。
勘違いしてもらっては困るのは「外国人」だから
という理由ではないということです。
私はそれは全く気にしていません。

もっと言うと、私はあまり相撲は好きではなかったですが
北の海や千代の富士全盛の時代は
かなり相撲を見ていました。
千代の富士のマエミツとっての
寄り切りや上手投げは芸術でした。
父親は「早すぎてつまらん」と言ってましたが・・・┐(´〜`;)┌

そんな中、唯一それができなかった相手が
小錦で、必ず立ち合い、千代の富士が吹っ飛ばされるのが
楽しみで見てました。

若貴兄弟?
興味があまりなかったですね。
やはり、貴乃花本人も語っていた
あれを感じていたせいでしょうか。

そうは言っても日本の国技です。
ぜひ応援しましょう。
(私は見ませんがね)┐(´〜`;)┌

人気blogランキング!面白いブログみるならここ
なんか微妙な位置にまだいますね^^;

 
posted by アスラン・ズラ at 00:25| Comment(12) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「同じ機体で誰が一番強いか」
私のコメントですね〜。

強ければ何をしても良いのか?確かにそう思います。

実際に今の横綱は強いです。
しかし、度々スポーツニュースなどで報じられる「すっぽかし」等は、
「強さ」とか「横綱と言う地位」とは完全に切り離して考えるべきですよね。
ニンゲンとして問題アリ。

千代の富士の取り組みはうっすらとしか覚えてないですが
小さいのに強くて、寡黙なイメージがあり
「力士」というのはこういうものなんだ、と彼を見て思いました。
いまの横綱は・・・何か重みがない感じです。

で、最強神キラ様も結構好き勝手やってますね(笑
力がないのは困りモノですが、力があるからと言って
何でもアリというのは正直いただけません。
単にヤな奴に見えてしまうので。
そういえば、キラってば
「国家元首の弟」+「プラントのアイドルの想い人」
・・・実は立場的にも強かったり???
Posted by 通りすがりのあるふれっど at 2005年11月23日 02:22
最強フォオオオオォォォォォォォォォッ!!
今年最強のオトコといえば、やっぱりHGでしょう!!初めて画面から流れたあの腰の動き……噴飯ものでしたねぇ、おっけ〜い

千代の富士、ドマンナカの世代です。確かにわたしも相撲はそれほど好きではないですが、千代の富士の取り組みだけは、何故か見ていました。
圧倒的としかいえないあの強さ。小錦とだって策を弄さず、いつも真っ向勝負でした。左前褌を取ったが最後、相手は成す術無し。あれこそが、真の必殺技だっ!!人間的にも非常にすばらしい方だと思いました。(でも、弟子はなんであんなにヘタレなんでしょうか?)

最強でありながら、敢えて戦わない漢。そんな漢が登場するマンガもありました。その漢も随分と前に、あっけなくお亡くなりになられましたが。
戦わないから、最強なのだ、と。
どーせ、本気出す相手なんていないだろーしね。
こんなセリフはキラにはとてもいえましぇん。

最強であるがゆえに、生殺与奪の権利を手中にしてしまっているがゆえに、圧倒的な度量により相手の生死を決めるのであって、キラのようにただヒトを殺したくないからという自己満足のためにやるのとでは、大違いですよ、と。

ところが、そのマンガも気付けば最強厨設定状態……。いいさ、ここまで付き合ったんだ。作者が死ぬまで一蓮托生だぜっ! だから、オ○○ジ○○トの設定画をさっさと出せっ!!

>若貴
わたしは、いつも余裕がなく、追い詰められた表情をしている兄がすごく不憫に思えました。最近知ったことですが、もともと相撲の世界には入りたくなかったようですね。
Posted by レイザーバレルHG at 2005年11月23日 09:55
 私は横綱を責めるというより彼の周囲の方がよほど問題があるように思います。まず彼の母校は高知の甲子園出場寸前での辞退をした例の高校ですが、あの高校自体が強ければいいというスポーツ校なわけです。モンゴルから来た留学生にとっては右も左も分からないままでしたので高校で相撲とモンゴル相撲の違いなどを教えればよかったと思うのです。しかしそれがないまま角界入りし、相撲の心技体など理解しないままここまで突っ走って来た感は否めません。ですから横綱を責めるというのは少々酷というものに思います。それより横綱が練習しなくても勝てるという状況を作った他の力士の現状を嘆いた方がいいのかも知れません。

 私が子供の頃は千代の富士以外に北の湖もまだ現役晩年でした。幼稚園の頃、高見山が負けたとき「土人が転んだ」と祖父が差別的発言をしながら手を叩いて大喜びしていたのを子供ながら嫌なジジイやと思った記憶があります。千代の富士は八百長疑惑の多い方ですので、あの勝ち星がガチンコでやっていたらどうなの?と思う人です。私には千代の富士にはその点からまったくいいイメージはないですね。弟子の現役大関も八百長疑惑が絶えませんしね。相撲を神事と見るなら、ハッスルマニアのようなシナリオが有ってもいいと思うのですが、競技・スポーツとして相撲を見るなら、やはりマズいですよね。今回はガンダムとまったく関係ない書き込みでごめんなさい。
Posted by ポラスキニフ at 2005年11月23日 11:31
いますね。横暴な態度の人。
私も今年の6月までは野球をしていましたが、他の学校の人で
野球ぼユニフォームで「腰ぱん」というのでしょうか。
ズボンを腰まで下げて、見っとも無い格好をしてる人いました。
不良という事を自慢したいのか分かりませんが、ミーティングに参加せずベンチに座ったり、
エラーをしたらグラブを地面に叩きつけたりと。

まぁ見てる側にとっちゃ、「バカだ」と思っていても本人は気づいていないのでしょうね。
カッコいいと思う人がいると思っているからやるのでしょうが^^;

どのスポーツにもそのような人はいるでしょうね。

相撲のあの人はただ強いからいろんな人がみるようになり、ブーイングも増えたのでは?

またまた変な書き込みお許し下さい^^;
Posted by 野球小僧 at 2005年11月23日 13:16
私は相撲にはそんなに興味は有りません。
が、たまに目にする事は有ります。
横綱は一時に比べて不遜な態度は取っていませんよ。
見た目だけで判断すれば多少は変わっているようです。

北の湖はギリギリ覚えていますが、強すぎることと、仏頂面が不人気のようでしたね。
顔で損するタイプだったようです。
対する初代貴ノ花は二枚目の小兵力士で人気が有ったように覚えています。
私の父は、千代の富士は横綱になっても頭を付ける相撲を取るのが気に入らなかったようです。
私は、千代の富士も初代貴ノ花同様、小兵力士でしたので重量級の北の湖とは同じ相撲は出来ないだろうと思いましたけどね。

人によって様々な見方があるものですよ。
勿論、ワルがワルのままじゃ人から共感を得られる事は無いでしょうけど、人間は変わっていくものですから見続ける事は難しくても、たまに見ると新たな発見が有るかもしれません。

Posted by クロート at 2005年11月23日 13:43
千代の富士と言えば、北天佑の弟いじめが
有名ですよね。そのダーティさが漫画の
ネタにもされてましたけど。
確かに朝青龍の態度は良くありませんが、
他の力士がふがいなさすぎるのも増長させる
一因になっています。まあ、まだ若いですから
これから改心する余地はあるでしょう。
ところで、旭鷲山との確執はどうなったんで
しょうね。どこかの週刊誌に和解はして解決
したと書かれたことがありますが、今の彼の
状況を見る限り、まだかなりのわだかまりは
ありそうですが。
Posted by gggg at 2005年11月24日 00:04
>通りすがりのあるふれっど さま

コメントありがとうございます。
私もキラについては、そういうふうに見えてしまうので、ちょっと離れた視点や元々嫌いな人から
見ると・・・なキャラになってしまいますよね
^^;
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年11月24日 01:17
>レイザーバレルHG さま

コメントありがとうございます。
実は私はレイザーバレルHGさまと逆で、千代の富士が
小錦に吹っ飛ばされて、そのまま負けるシーンのイメージが強いんですよね^^;
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年11月24日 01:19
>ポラスキニフ さま

コメントありがとうございます。
今の横綱の学生時代については全く知りませんでした。お教えいただきありがとうございます。
m(_ _)m

おっしゃるように回りにもっとがんばって欲しいですね^^;
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年11月24日 01:23
>野球小僧 さま

コメントありがとうございます。
実はうちの会社にも、ズボンを腰まで下げた
頭のいかれた、輩がおります。

私は影口や上司に報告して起こってもらうという
ちくりみたいな行為が嫌いなので、面と向かって
注意するので、逆切れされて、殴られかけたことが何度かあります^^;
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年11月24日 01:26
>クロート さま

コメントありがとうございます。
私もつい自分のイメージで、ちょっとしたことで
色めがねでみてしまうことがあり、この記事を
書いた後にも反省していたりします。^^;
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年11月24日 01:28
>gggg さま

コメントありがとうございます。
旭鷲山との確執、ありましたね。
今はどうなっているんでしょうね。

私はつい色眼鏡で見てしまうのもので
横綱は今でも根に持ち、自分の方が
役が上なので、調子こいてるようにしか
思えなかったりします。

いけませんね。事実を知らずにそういう目で
見てしまっては。反省し、自分で直さなくては
・・・Orz
Posted by アスラン ズラ@ココの人 at 2005年11月24日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9686681

この記事へのトラックバック

ガンダムSEEDディスティニー
Excerpt: 『選ばれた未来』 年末スペシャル 機動戦士ガンダムSEED DESTINY FINAL PLUS 全50話の再編集+新作アフターエピソード!!! 「戦いに敗れたシン、苦しき戦いに勝利した..
Weblog: コーラのつまみに
Tracked: 2005-11-23 02:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。